なぞって洗う、新スタイル。
「超音波ウォッシャー」

洗えるもの・洗えないもの

洗える衣類

  • ●布製のもので水洗いできる衣類

・衣類の組成表示、取扱い表示をお確かめください。
・色ものや柄ものの場合は、衣類の目立たない部分で、あらかじめ試してください。

*衣類や汚れの種類によっては時間の経過とともに汚れが落ちにくくなることがあります。

洗えない衣類

水洗いできないものや、水洗いできても下記のようなものは、
衣類を傷める原因となるため洗わないでください。

  • ●色落ちするもの
  • ●装飾をほどこした部分
  • ●皮革製品
  • ●和服や和装小物
  • ●加工の取れやすいもの
  • ●ナイロンなど防水性のシートや衣類など水を通さないもの
  • ●水につけるだけで収縮、型くずれ、表面変化をおこすもの
  • ●取扱い表示に下記のマークが付いたもの(水洗い禁止)

汚れが落ちないもの

下記のような汚れは落とすことができません。

  • ●染色により染まったもの
  • ●化学的に変質した汚れ(時間が経過した黄ばみやシミなど)
  • ●接着剤や溶剤などで固着したもの
  • (例) 塗料、油性ペン、墨汁、接着剤、ヘアカラー、マニキュア、インク、染料など

水洗いできる衣類の例

*水洗いできる衣類でも色落ちしやすいものや加工が
取れやすいものなどは洗えません。

  • ●取扱い表示に下記のような「家庭洗濯のマーク」が付いたもの

・洗濯機や手洗いによる洗濯ができるもの

・手洗いによる洗濯ができるもの

  • ●取扱い表示に文字で洗濯や手洗いができる記載があるもの

水で丸洗いしにくい衣類や布製品
部分洗いもできます。

※水で洗える衣類または布製品に限ります。

ダウンジャケット
ダウンジャケット
ぬいぐるみ
帽子
帽子

▲このページのトップへ