切妻屋根向け(屋根置型)単結晶モジュール NB-245AB 希望小売価格 176,400円+税 大きめの屋根で優れたコストパフォーマンスを発揮。 モジュール変換効率※1 19.7%/公称最大出力※2 245W

大きな屋根におすすめの高出力モジュール

モジュール変換効率※119.7%、公称最大出力※2245Wなので、パワフルに発電。大きな屋根に設置すれば売電量も期待できるので、優れたコストパフォーマンスを発揮します。
NB-245AB×18枚=太陽電池容量4.41kW/NB-245AB×20枚=太陽電池容量4.90kW/NB-245AB×28枚=太陽電池容量6.86kW
  • ※1
    太陽電池モジュールの変換効率(%)はモジュール公称最大出力(W)×100÷モジュール面積(m²)×1,000/m²の計算式を用いて算出しています。変換効率とは、太陽光エネルギーから電気エネルギーに変換したときの割合を表します。
  • ※2
    公称最大出力の数値は、JISC8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/m²、モジュール温度25℃での値です。

このページのTOPへ

低反射ガラスの採用※1

光の取り込みイメージ
低反射ガラスを使用することで、光の取り込み量をアップ(全モデル対応)。
  • ※1
    気象条件、設置条件によっては太陽電池モジュールのガラス表面に色のばらつきが見える場合がありますが、出力や品質上の問題はありません。
  • ※2
    当社従来機種で使用。

このページのTOPへ

耐風圧性能の強化

屋根材の種類などにより、実際に設置できる範囲は、制限される場合があります。※
太陽電池モジュール及び架台(太陽電池モジュールを屋根に固定する金具)の耐風圧性能を強化。
屋根における設置有効スペースが拡大し、従来よりも屋根を無駄なく使えます。
  • 設置条件は、基準風速38m/秒以下の地域で、設置高さ8m以下、屋根短辺寸法12m以下となります。実際の設置可能範囲は、屋根材の種類・工法によって異なります。

このページのTOPへ

日本の多様な屋根に合わせた、確かな施工・効率のよい工法

セメント瓦を含む多くの瓦屋根に設置できます。「瓦屋根/スレート/金属縦葺/瓦棒葺/金属横葺」
モジュール同士をピッタリ設置する取付工法を開発。切妻屋根に合わせた工法で、モジュール間の凸凹がなく、すっきり美しく仕上がります。
二重の防水策で、雨漏りを防ぎます。
  • 設置モジュールの機種によっては、施工方法が異なる場合があります。

このページのTOPへ

このページのTOPへ