サポート・お問い合わせ

コールセンターからのアドバイス

エアコン こんなときは

エアコンの据付・移設・廃棄をするときは

据付・移設・廃棄時は、お買いあげの販売店、または専門業者に依頼してください。【水漏れ・関電・火災・けがの原因】

≪ご使用の際には、下記内容にご注意ください≫【据付場所】次の所への設置はさけてください。● 海浜地区など塩分の多い所。● 温泉地など硫化ガスの多い所。● 動物の尿がかかるなど、アンモニアの影響を受ける所。● 機械油の多い所。● 水蒸気や油煙の多い所。● 積雪により室外機がふさがれる所。(エアコンからの排水は、水はけのよい所に)● サンルームや温室など長時間、直射日光が室内機にあたる所。【電気工事】● 電源は定格電圧でエアコン専用の回路を、ご使用ください。【アースの設置(必ずアースを取り付けてください。)】● アースを取り付けると、感電防止のほかに製品に触れたときに感じる静電気の障害や、テレビ、ラジオに入る雑音を防ぐ効果もあります。● 室内のコンセントにアース端子がある場合は、室内機からアースを取り付けることもできます。アースネジの位置は工事説明書を参照ください。【移設(取りはずしなど)】エアコンを取りはずしたり再据え付けをする場合は、冷媒の回収など専門の技術が必要です。お買いあげの販売店に依頼してください。なお、この場合は移設にかかる実費が必要になります。【騒音にご配慮を】次のような所をお選びください。● エアコンの重量に十分に耐え、運転音や振動が大きく伝わらない所。● 室外機の吹出口からの風や、運転音が隣家の迷惑にならない所。 ● 室外機の吹出口近くには物を置かないでください。(機能低下や騒音増大の原因) ● 使用中に異常音がする場合は、お買いあげの販売店にご相談ください。【廃棄時にご注意】2001年4月施行の家電リサイクル法では、お客様がご使用済みのルームエアコンを廃棄される場合は、収集・運搬料金と再商品化など料金をお支払いいただき、対象品を販売店や市町村へ適正に引き渡すことが求められています。[冷媒の「見える化」表示について]家庭用エアコンにはフロン類が封入されています。地球温暖化防止のため、移設・修理・廃棄等にあたってはフロン類の回収が必要です。この表示は、家庭用エアコンに温暖化ガス(フロン類)が封入されていることを、ご認識いただくための表示です。エアコンの取りはずし時は、フロン類の回収が必要です。廃棄時には家電リサイクル法の制度に基づき、適正な引き渡しをしていただければ、確実にフロン類の適正処理がなされます。