SHARP

ホームサポート・お問い合わせコールセンターからのアドバイス上手な使い方電卓〜ご存じですか? 電卓のキーの上手な使い方〜

コールセンターからのアドバイス


ご存じですか? 電卓のキーの上手な使い方

電卓

数字キーや加減乗除キーだけでなく、[RM]・[M−]・[M+]キーなどを使うと、電卓をさらに便利に使いこなせます。 また、クリアキーなどのキーの役割の違いを正しく理解して使いこなすことで、効率アップが図れます。

※[RM]・[M−]・[M+]キーは、メモリーキーと呼ばれ、計算結果を記憶させることができます。

※以下のキーは代表的な例で説明しています。機種によってはキーがない場合もあります。


[CA]キー
クリアオールキー
  • 表示数値の他、計算過程、GTメモリー、メモリーの内容を含めて、電卓内をすべて消去(ご破算)します。
  • 意味のない数字や記号を表示しているときや、[C]を押しても解除できないときに押します。
[C]キー
クリアキー
  • GTメモリーとメモリー以外の数値が消去されます。
  • 電卓内部の数値や計算命令を消去するときに押します。
  • 電源ON のキーを兼ねている機種もあります。
[CE]キー
クリアエントリーキー
  • 数字入力直後やメモリーの内容を呼び出したときなどに押すと、表示数値がクリア(消去)されます。
  • 入力した数値全体を訂正するときに使います。
[C・CE]キー
クリア・クリアエントリーキー
  • 1回押すと [CE]、2回続けて押すと [C]キーの役割をします。
  • 電源ON のキーを兼ねている機種もあります。
[→]キー
  • 最も右側に表示されている数字を一つ消します。 続けて押すと、押した数だけ数字が消されていきます。
[GT]キー
グランドトータルキー
  • GTメモリー(グランドトータル:総計)の内容を表示します。
  • 2回続けて押すと、GTメモリーの内容を消去します。
[=]キー
イコールキー
  • 計算結果を表示します。 GTメモリーに加算する役割もします。
[M+]キー
メモリープラスキー
  • 入力数値や計算結果をメモリーに加算します。
[M−]キー
メモリーマイナスキー
  • 入力数値や計算結果をメモリーから減算します。
[RM]キー
リコールメモリーキー
  • メモリーに記憶されている内容(数値)を呼び出します。
[CM]キー
クリアメモリーキー
  • メモリーに記憶されている内容(数値)を消去します。
[R・CM]キー
リコールメモリー・クリアメモリーキー
  • 1回押すと [RM]、2回続けて押すと [CM]キーの役割をします。
[+/−]キー
プラス・マイナスキー
  • 表示されている数値の「正(+)」と「負(−)」を入れ替えます。
[%]キー
パーセントキー
  • 百分率(パーセント)の計算をします。
    《計算例》
        m [×] n [%]   m の n% を求める
        m [÷] n [%]   m が n の何%かを求める
[√]キー
ルートキー
  • 表示されている数値の平方根(ルート)を計算します。
[税込]キー
税込みキー
  • 表示されている数値を税込み額にします。
[税抜]キー
税抜きキー
  • 表示されている数値を税抜き額にします。

COPY RIGHT