サポート・お問い合わせ

コールセンターからのアドバイス

冷蔵庫 上手な使い方

野菜の保存術

  • 水気をとる

    野菜に付いた水気を取らずにそのまま野菜室に保存すると、ケースに水がたまり、野菜が傷みやすくなります。

  • 大根や人参の葉は切り落とす

    そのままにしておくと、水分や栄養分が葉に吸収され鮮度が落ちます。

  • ラップをすると型くずれや乾燥を防ぎ、より長持ちします

  • さらにひと工夫

    《 丸ごとキャベツ 》

    芯をくり抜き、水を含ませたペーパータオルをつめます。

    《 しいたけ 》

    かさを裏返して、ひだを上にして保存します。(胞子が落ちると傷みやすくなるため)

    《 使いかけレモン 》

    切り口に薄く砂糖をぬり、ラップで包みます。

    《 レタス 》

    芯に小麦粉をつける。(茎の部分の変色を防ぐため)

    《 セロリ 》

    葉と茎にわけて保存します。

    《 りんご 》

    別の袋などに入れて保存します。(りんご自身がエチレンガスを多く発生するため、他の野菜が傷みやすくなるため)

  • 冷やさなくてもよい野菜や果物は・・・

    いも・ごぼう・玉ねぎ・かぼちゃなど

    保存方法:風通しのよい日陰

    ※ 半分に切ったり、使いかけのものは、ラップをして小物ケースで保存しましょう。

    じゃがいもを保存する場合、りんごを一緒に入れると、発芽を防いで長持ちします。

    モモ・メロン・パパイヤ・パイナップルなど
    これらの果物は、長く冷やすと変質し、味が落ちることがあるため、食べる直前に冷やすようにしましょう。