SHARP

コールセンターからのアドバイス


洗濯機 お引っ越し前の準備

全自動洗濯機の場合

お引っ越しの前日までに、次のことを行っておきましょう。
  • 給水ホース・排水ホースの「水抜き」
    お使いの洗濯機に合わせて、水抜きを行い、槽内の水分をふき取っておきましょう。
    水抜きのしかたについては、[こちら]をご覧ください。
  • コード類や排水ホースの整理

    電源コード・アース
    コードを巻いた状態でビニール袋に入れ、本体にテープで固定します。

    排水ホース
    テープで、本体に固定しておきましょう。

  • 付属品の保管

    付属品
    給水つぎてや給水ホース、ふろ水ポンプやなど、付属品はビニール袋等に紛失しないようにまとめて保管しておきましょう。
    ※「取扱説明書」も忘れないようにしましょう。


設置場所の確認

設置場所の排水口の位置や防水パンの形状などにより、排水ホースの処理方法が異なりますので、事前に確認をしておきましょう。

本体の寸法等、据え付けに関してくわしくは、取扱説明書(据付説明書)をご確認ください。

取扱説明書ダウンロードはこちら
据え付け場所について
警告
浴室など湿気の多い所や風雨にさらされる場所に置かない。
(感電や漏電による火災や故障の原因)
  • 直射日光に当たる場所に据え付けない紫外線により、プラスチックが傷み、破損の原因になることがあります。
  • 水平でしっかりした所に置くタイルなどのすべりやすい床、弱い床は振動や騒音が大きくなります。
  • 壁などから2cm以上離す蛇口や水栓つぎてからも離してください。
  • 本機は、「消防法設置基準」に基づく試験基準に適合しております。
    建築物の可燃物などからの離隔距離は、下表に掲げる値以上の距離が必要です。


    消防法基準適合 組込形
    場所 遠隔距離
    上方 50cm
    前方 開放
    左/右/後方 2cm
    下方 0cm


電源・アース線の確認
電源
警告
交流100V、定格15A以上のゆがみがないコンセントを単独で使います
(電源や定格が異なったり、他の器具と併用すると、分岐コンセント部が異常発熱して発火の原因)
電源コードを傷付けたり、加工したり、無理な曲げ・引っ張り・ねじり・束ねはしない。また、重いものをのせたり、挟みこんだりしないでください
(感電・ショート・発火の原因)
アース線
警告
アースを確実に取り付けます
(故障や漏電のときに、感電する原因)
<アース端子がある場合>
アース端子がある場合
確実に接続!
<アース端子がない場合>
アース工事をおすすめします。
電気工事士によるD種接地工事が必要です。お買いあげの販売店または最寄りの電気工事店にご依頼ください。
アース端子がない場合

COPY RIGHT