SHARP
ホームに戻る
サイトマップGlobal 検索

製品の転倒・落下対策

 
 
 
 

液晶テレビ

  • 地震等による万一の際の転倒・落下によるケガや製品の破損などの危害を軽減するため、製品付属の転倒・落下防止金具などを使って、テレビ台や柱・壁などと固定することをおすすめします。

※取付け方法や付属の部品等については、お使いの機種の取扱説明書をご参照ください。
(一部、小型機種には、金具等の部品が付属していないものもあります。)
  取扱説明書ダウンロードは こちら

※壁や柱にヒートンを使用して固定する場合は、壁の強度とテレビの重量に耐えうるヒートンやヒモの強度を確認してください。


《壁や柱に固定する方法》 (事例)

※機種によっては、クランプが本体に取り付けられているものもあります。

製品に取り付けたクランプと、壁または柱に取り付けたヒートンの穴に、丈夫なひもを通して固定します。



《テレビ台などに固定する方法》

※機種によっては、固定金具や固定バンドが本体(スタンド)に取り付けられているものもあります。

(LC-40SE1の取付事例)
固定バンドの取り付けに当たっては、液晶画面を傷つけないように、堅固で安定した台などの上に厚手のやわららかい毛布などを敷き、その上に、画面を下にした状態で置いて作業をしてください。

(LC-52SE1の取付事例)
LC-52SE1の取付事例



※転倒・落下防止器具を取り付ける壁や台の強度によっては、転倒・落下防止効果が大幅に減少します。その場合は、適切な補強を施してください。(市販の粘着性マットで固定するのも一つの方法です。この場合、台座の形状の他に、取付け面の凹凸にも注意し、充分に粘着されていることを確認ください。粘着性マットの取付方法等については、粘着性マットの説明書などをご確認ください。)


 

冷蔵庫


  • 冷蔵庫の上に物を置いていると、地震があったときに落下するおそれがあります。冷蔵庫の上には物を置かないようにしてください。
  • 万一の際の転倒防止にそなえて、別売の「転倒防止用ベルト」を使用し、冷蔵庫を丈夫な壁や柱に固定しておくことをおすすめします。 (一部小型機種には、ベルト接続用のパーツがないものもあります。)

※くわしくは、お使いの機種の取扱説明書をご参照ください。
  取扱説明書ダウンロードは こちら



■冷蔵庫 転倒防止用ベルト〔2本セット〕 (別売)
部品コード : 201 939 0064

転倒防止用ベルトの購入については、お買い上げの販売店にご相談ください。弊社オンラインショッピングサイト「いい暮らしストア」でも販売しております。




  • 冷蔵庫の底には設置時の移動用にキャスターが付いているものがあります。
    万一の際に、容易に移動しないように、左右の調節脚で水平に固定できるように調節してください。
 

ヘルシオ/電子レンジ


  • 万一の際の落下・転倒防止にそなえて、別売の「転倒防止用金具」を使用し、本体(背面上部)を壁や柱に固定しておくことができます。

※壁面への固定(取り付け)には、別途、工事が必要な場合があります。

※金具取り付け面と壁面との間は、18cm以上のスペースが必要です。

※万一、地震等により製品本体が変形を起こした場合は、活電部が露出したり、内部で活電部が他の金属部にタッチする等、感電や漏電の恐れがあります。そのまま使用せず修理相談窓口にご相談ください。

※転倒防止用金具の取付け方法については、[ こちら ]をご参照ください。



■転倒防止用金具 (別売)
形名 RK-TB1

転倒防止用金具の購入については、お買い上げの販売店にご相談ください。弊社オンラインショッピングサイト「いい暮らしストア」でも販売しております。


  • 設置スペース等の都合で、転倒防止用金具が取り付けられないときは、市販の粘着性マットを使い、設置台に固定するのも一つの方法です。
 

加湿空気清浄機


  • キャスター付きの加湿空気清浄機(KC-Z80/Z65/Z45)の場合、設置場所などを移動させる際に便利ですが、地震などの強い揺れがあったときには、本体ごと移動しやすくなります。普段の設置場所が定まっている場合、付属の「キャスターストッパー」を使用して、キャスターを固定しておくことをおすすめします。
  • また、転倒時にはタンクの水がこぼれることがありますので、ご注意ください。

 

洗濯機

  • 万一の地震発生時の水もれなどを防ぐため、普段から洗濯終了後は、水道の蛇口を閉めておかれることをおすすめします。


サイトポリシー COPYRIGHT