SHARP
e* まめ知識
 
 

フォントキャッシュファイルを修復する

  • 変な文字が表示されたり、文字の向きがおかしいときは、フォントキャッシュファイルが破損している可能性があります。このような現象が出た場合は、次の手順で、フォントキャッシュファイル(ttfCache)の修復を行ってみてください。

  • ttfCache隠しファイルです。“隠しファイルを表示しない”設定(Windowsの標準設定)になっている場合は、以下の操作を行う前に、「隠しファイルを表示する」の操作を行ってください。

  1. 「スタート」ボタンをクリックします。

  2. 「スタートメニュー」の中の「検索」を選びます。

  3. 「ファイルやフォルダ」を指定します。

  • ファイル検索のための「条件入力ウィンドウ」(設定パネル)が表示されます。
検索スタート
  1. 「名前:」に、『ttfCache』と半角で入力し、

  2. 「探す場所」に、Windows をインストールしてあるドライブ『(C:)』を選択し、

  3. 「サブフォルダも探す」にチェックが入っていることを確認した上で、[検索開始]ボタンをクリックします。

  4. 検索された ttfCache のファイル名の上で「右クリック」し、表示されたショートカットメニューから [削除]をクリックします。

  5. 削除の確認のメッセージが表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

  6. 検索ウィンドウの 閉じるボタンをクリックし、閉じます。

  7. パソコンを再起動します。

    • この操作で、Windowsディレクトリ内に自動的に新しい ttfCache ファイルが作成されます。

ホーム> メビウス> e* まめ知識> フォントキャッシュファイルを修復する