SHARP
e* まめ知識
 
 

「ローマ字入力」と「かな入力」を切り替える

  • パソコン上での日本語入力には、「ローマ字入力」「かな入力」の2種類の方式があります。 (Windows の初期設定では「ローマ字入力」が選択されています。)
  • 両方式には、それぞれ長短がありますが、ご自身にあった方式を選択しましょう。

  • ここでは、MS-IME 2000 を例に、入力方式の変更方法を説明します。


キーボードを使って簡単に切り替える
  • 日本語入力システムが“オン”のときに、キーを押しながら、[カタカナ・ひらがな・ローマ字]キー(左図のキー)を押します。
  • このキーを押すごとに、かな入力/ローマ字入力が切り替わります。


「IMEツールバー」を使って簡単に切り替える

[ → MS-IMEツールバーが表示されていない場合 ]

  • 「IMEツールバー」 の左図赤枠で囲んだ部分をクリックすることで、簡単に入力方式を切り替えられます。

      「ローマ字入力」が選択された状態
      「かな入力」が選択された状態


「IME のプロパティ」で詳細設定する

[ → MS-IMEツールバーが表示されていない場合 ]

  1. 次の手順で、「Microsoft IME 2000 のプロパティ」画面を表示します。
    MS-IMEツールバー
    プロパティボタン を押します。

  2. 「Microsoft IME 2000 のプロパティ」「全般」 タブを選択(クリック)し、「ローマ字入力/かな入力(C)」枠右端の ボタン(下図赤丸部分)をクリックし、設定したい入力方式に変更します。

  3. [ OK ] ボタンをクリックし、設定を終了しますます。


MS-IME ツールバーを表示するには
  • タスクバーの日本語入力インジケータをクリックし、[ツールバーを表示]を選択(クリック)します。

    既にツールバーが表示されている状態のときには、コマンドにチェックマークが付いています。

  • タスクバーの中から「ツールバーを出す」場合は、

    1. タスクバーのなどをクリックし、右図のようなショートカットメニューを表示させます。

    2. 「ツールバーを表示」を選択(クリック)します。

    3. MS-IME ツールバー が表示されます。


ホーム > メビウス > e* まめ知識 > 「ローマ字入力」と「かな入力」を切り替える