SHARP
e* まめ知識
 
 

Outlook Express のメール送信形式を
「テキスト形式」にする

  • Outlook Expressなどの電子メールソフトは、HTML形式のメール送受信に対応しており、標準添付のテンプレートを使って、下図のようなカラフルな電子メールを作成することもできます。 (HTML形式の場合、赤枠部分のようなツールバーが表示されてます。)

  • しかしながら、すべてのメールソフトが「HTML形式メール」に対応しているわけではなく、また受信者がメール専用端末などを使っている場合、正常に受信できず、相手に不快な思いをさせることがあります。
  • Outlook Express の初期設定では、メール形式の標準が 「HTML形式メール」になっているため、そのまま、気づかずに「HTML形式メール」を送っていたということもあります。
  • もし、送信相手などから、「HTML形式メールは止めて」などと言われた場合は、次の手順で、「テキスト形式メール」に設定しなおしましょう。
標準メール形式を変える
特定のメールだけ「テキスト形式メール」に変える

標準メール形式を変える
  1. Outlook Expressのメニューバー 「ツール(T)」をクリックしてプルダウンメニューを表示させ、「オプション(O)」の項目を選択します。

    • 「オプション」設定ウィンドウが開きます。

  2. 「送信」タブを開き、「メール送信の形式」の項目で 「テキスト形式(P)」の部分をクリックしてラジオボタンをONの状態にし、[ OK ] ボタンをクリックします。

    • 標準のメール送信形式が、「テキスト形式」に変更されます。


特定のメールだけ「テキスト形式メール」に変える
  • 「HTMLメール」がダメな相手が判っている場合は、「アドレス帳」に下記項目を設定し登録しておくと、そのメールアドレスに送信する場合は、「テキスト形式」が選択されるようになります。

  • また、メール作成時に、メニューバーの 「書式(O)」− 「テキスト形式(X)」の順にクリックすると、当該メールだけを 「テキスト形式」に変更できます。


ホーム> メビウス> e* まめ知識> Outlook Express のメール送信形式を「テキスト形式」にする