SHARP
e* まめ知識
 
 

「最近使ったファイル」の一覧を削除する

  • スタートメニューの 「最近使ったファイル」には、アプリケーションで開いたファイルの履歴一覧が表示されます。
  • これは、最近使ったファイルを開く際に、保存先のフォルダを開かなくても簡単に開けるという点では非常に便利なものといえます。
    しかしながら、重要なデータを保存している会社のパソコンなどでは、作業者がどんな作業をしたか、どれが重要なファイルかなどを知られる可能性があります。
  • そこで、この履歴一覧を削除する方法を紹介します。

「最近使ったファイル」の表示をすべて削除するには
  1. スタートボタン → 「設定」 「タスクバーと [スタート] メニュー」の順にクリックします。
        (Windows95 の場合は、「タスクバー」

    • 「タスクバーのプロパティ」画面が開きます。

  • 「タスクバーのプロパティ」ダイアログ ボックスを表示するには、タスクバーの何もない部分をマウスの右ボタンでクリックし、表示されるショートカットメニューの [プロパティ] をクリックする方法もあります。
  1. 「[スタート]メニューの設定」タブをクリックして開き、[最近使ったファイル]の一覧[ クリア ] ボタンをクリックします。 (Windows Meの場合は、「詳細設定」タブ)

  2. [ OK ] ボタンをクリックして、「タスクバーのプロパティ」ウィンドウを閉じます。


「最近使ったファイル」の表示を一部だけ削除するには

  1. パソコン画面上の 「マイコンピュータ」アイコンの上にマウスポインタを置き、右ボタンをクリックします。 (右クリック)


  2. マウスポインタ横に表示されるショートカットメニューの 「エクスプローラ(E)」をクリックします。

  3. 「エクスプローラ」で、「C:」の下の 「Windows」フォルダ − 「Recent」フォルダの順に開きます。 (このフォルダ内のショートカットが、「最近使ったファイル」の一覧の正体です。)

  4. 削除したいファイルのショートカットを選択し、削除します。
    (ショートカットはファイルデータの実体ではないため、削除してもデータの実体には影響しません。<元の場所に残ります>


ホーム> メビウス> e* まめ知識> 「最近使ったファイル」の一覧を削除する