SHARP
e* まめ知識
 
 

ファイルの関連づけを変更するには

  • Windows システムで、ファイルをダブルクリックしたときに特定のアプリケーションが起動してファイルが開くのは、ファイルの拡張子がそのアプリケーションに 「関連づけ」されているからです。 (例えば、「xlsという拡張子のファイルをダブルクリックするとExcelが起動する」というふうに設定されています。)
  • 通常、アプリケーションをインストールするときに、そのアプリケーションのセットアッププログラムが自動的に関連づけを設定します。例えば、Photoshop などの画像処理ソフトをインストールすると、BMP(ビットマップ)形式などの画像ファイルは、これらの画像処理ソフトに自動的に関連づけされます。

  • ここでは、以下、「関連づけ」を変更する方法を紹介しますが、テキストファイルを「メモ帳」や「エディタ」ではなく、Wordなどのワープロソフトで開きたいときなど、一時的にアプリケーションを指定して開く方法も合わせて紹介します。


関連づけ変更の手順

  1. 「エクスプローラ」などの 「表示(V)」メニューから 「フォルダオプション(O)」を選んで、「フォルダオプション」画面を開きます。

  2. 「ファイルの種類」タブで、「登録されているファイルの種類」一覧から該当の種類を選択し、[ 編集(E) ] ボタンをクリックし、新しく関連づけしたいアプリケーションを選択します。

  • この手順は、結構手間がかかり、また、ある程度以上のノウハウを必要とします。
  • そこで、次に、もっと簡単に、手軽に、変更する手順を紹介します。


アプリケーションの関連づけを簡単に変更する

  1. まず、関連づけを変更したいファイルを[ Shift ] キーを押しながら 右クリックし、ショートカットメニューの 「アプリケーションから開く(E)」を選びます。

  2. 次に、「ファイルを開くアプリケーションの選択」ウィンドウで、アプリケーションの一覧の中から関連付けしたいものをクリックし、「この種類のファイルを開くときは、いつもこのアプリケーションを使う(U)」チェックボックスをクリックし、チェックマークを付け、[ OK ]ボタンをクリックします。

  • 上記設定後は、同じ拡張子を持つファイルをダブルクリックすると、ここで指定したアプリケーションで開くようになります。

  • また、上記手順で、「この種類のファイルを開くときは、いつもこのアプリケーションを使う(U)」チェックボックスに チェックを入れない場合は、そのときだけ当該アプリケーションで開き、関連づけは変更されません


ホーム> メビウス> e* まめ知識> ファイルの関連づけを変更するには