SHARP
メビウス活用情報
 
 
CDディスクの取扱いについて
ディスクに記録されているデータやプログラム、ドライブを保護するために、次の注意をお守りください。

 

  • ディスクを持つときは、両端を持つか、縁と中央の穴をはさむようにして持ち、ディスクの表面に手を触れたり、傷を付けないてください。

  • 直射日光の当たるところや暖房器具の近く、ほこりの多いところなどでの使用・保管は避けてください。

  • 文字などを書いたり、テープなどを貼ったりしないでください。
    CD-RまたはCD-RWのラベル面に文字を書くときは、先の硬い筆記用具を使わないでください。傷が付くと、データが読めなくなります。

  • 落としたり、上に重いものを載せたり、曲げたりして、衝撃を与えないでください。

  • テープなどののりがはみ出たものや、はがしたあとがあるものは使わないでください。

  • 特殊形状(ハート形や八角形など)のディスクは使わないでください。

 
●CDディスクのお手入れのしかた

信号面に汚れが付いたときは、ほこりの出ない乾いた柔らかい布で、中央から縁に向けてまっすぐに軽く拭きとってください。矢印と反対の方向に拭いたり、レコード盤のようにまわしながら拭くと傷がつくことがあります。

CD-RまたはCD-RWをお使いのときは

  • 記録面に傷やほこりが付かないように注意してください。
  • 傷やほこりが付くと、データの書き込みが正しくできなくなります。ほこりが付いたときは、カメラ用の清掃用ブロワーを使って吹き飛ばしてください。

ご注意
  • 次のものは、使用しないでください。 ディスクを傷める恐れがあります。

    • アルコール、ベンジン、シンナーなどの化学薬品
    • 研磨剤を含むクリーナ
    • レコード用のスプレーやクリーナ
    • 静電防止剤


ホーム > メビウス > メビウス活用情報 > CDディスクの取扱いについて