SHARP
メビウス活用情報
 
 
マウスの操作のしかた

  • パソコン操作の大部分は、画面上の項目(アイコン、ボタン、文字など)をマウスポインタで指し示し(この操作をポイントといいます)、マウスボタンを押すクリック」するといいます)ことで行います。
  • マウスを机などの平らなところに置き、ボタンに指がかかるように上から軽く手をのせて動かします。マウスを滑らすように動かすと、画面上のマウスポインタが同じ方向に移動します。


 ポイントする (アイコンなどにマウスポインタを合わせる)
マウスポインタを目的のアイコンやボタンの上に置く(移動する)ことです。

マウスを移動したい方向に動かします。マウスを動かす場所が無くなった場合は、いったんマウスを持ち上げて元の位置まで戻して、再度マウスを動かします。

 クリックする (左ボタンを押す)
画面上のボタンを押したり、メニューを選ぶ操作です。

画面上のマウスポインタの位置を確かめて、左ボタンを「カチッ」と1回押します。

 ダブルクリックする (左ボタンを2回押す)
ソフトウェアを起動したり、ファイルを開くときの操作です。

画面上のマウスポインタの位置を確かめて、左ボタンを「カチッ、カチッ」と素早く2回続けて押します。

 右クリックする (右ボタンを押す)
関連するメニューを表示するときの操作です。
使用しているソフトウェアや、マウスポインタの位置により表示されるメニューが違います。


画面上のマウスポインタの位置を確かめて、右ボタンを「カチッ」と1回押します。

 ドラッグする (アイコンなどを動かす)
ファイルやフォルダを移動するときの操作です。

パソコンの画面上で項目を移動する操作は、机の上で物を動かすことに似ています。
画面上のマウスポインタを移動しようと思う項目の上に置き、その位置で左ボタンを押したまま、マウスを移動します。目的の位置まで移動したら、左ボタンから指を離します。

 画面をスクロールする 《ホイールマウスの場合》
マウスのホイールを回転させることにより、パソコンの表示画面を上下に移動させるときの操作です。

ホイールを前方向に回すと画面が上方向にスクロールされ、後方向に回すと画面が下方向にスクロールされます。
画面のスクロールは、ホイール機能に対応したソフトウェアで利用できます。また、ソフトウェアによっては画面の拡大/縮小など別の動作に対応する場合があります。


ホーム> メビウス> メビウス活用情報> マウスの操作のしかた