SHARP
メビウス活用情報
 
 
マウスポインタの変更のしかた
・パソコン操作は、画面に表示の矢印(マウスポインタ)を動かすことから始まります。
・このマウスポインタを以下の手順で変更することができます。
お好みのもの(デザイン)に変更してみましょう。

 

1 スタートボタンをクリックして、「スタートメニュー」を表示させます。
2 「スタートメニュー」から「設定」をポイントします。(マウスポインタを「設定」の文字の上に置く)
3 「コントロールパネル」をクリックして、「コントロールパネル」ウィンドウを表示させます。
 

  • 「コントロールパネル」ウィンドウが表示されます。
4 コントロールパネルの中の「マウス」を選びダブルクリックします。
 
  • 「マウスのプロパティ」ダイアログボックスが表示されます。
5 「ポインタ」タブをクリックします。
6 「デザイン」の をクリックし、設定したいマウスポインタのタイプをクリックします。
 
  • 上図は、「3Dポインタ」を選択した例です。
7 「OK」をクリックします。
 
  • マウスポインタの形が変更されます。


    マウスポインタの主な種類 (標準の場合)

通常の状態

待ち状態(砂時計)

パソコンは指示待ちの状態です。アイコンをクリックしたり、ダブルクリックすると指示された動作を始めます。 パソコンは時間のかかる動作をしているときの状態です。この状態では、マウスやキーボードは働きません。
上下左右斜めに拡大/縮小

リンクの選択(指)

ウィンドウの大きさを変えるため、枠の部分をドラッグするときの表示です。 クリックすると、ある動作をする表示です。ホームページ上でクリックすると、リンクされたホームページに行きます。
テキスト選択(アイビーム)

     
ワープロソフトや表計算ソフトなどの画面上で、文字入力状態になっているときの表示です。   


ホーム> メビウス> メビウス活用情報> マウスポインタの変更のしかた