SHARP
メビウス活用情報
 
日本語入力ツールの使い方 (3)

  • MS-IMEには、MS-IME95, MS-IME97, MS-IME98, MS-IME2000 の各バージョンがありますが、ここでは「MS-IME2000」を事例に説明します。
  • 基本的な使い方については、ほぼ同一ですが、MS-IMEのバージョンによる違いの詳細については、お使いのパソコンに内蔵の当該「MS-IMEのヘルプ」画面などを参照ください。
 
(1) 日本語入力システムをオンにする
(2) MS-IME ツールバーの機能
(4) 覚えておくと便利なショートカットキー
(5) 日本語入力システムを切り替える


使いやすいようにプロパティを設定する

  • 文字入力のしかたは、人によって、慣れや好みから“やりやすい方法”が違うものです。
  • 「プロパティ」設定画面を使って、自分に使いやすいように、入力/変換方法を変えてみましょう。
プロパティ画面を表示するには

    MS-IMEツールバー
    プロパティボタン を押します。

プロパティ画面(プロパティ設定項目)

  • 下図、丸囲み数字をクリックすると、下表“説明部分”を表示します。
  • “説明部分”から図に戻る場合は、ブラウザソフトの「戻る」ボタンを押してください。

★プロパティ画面で、「全般」タブを選択した(画面の)状態

変換後に文字
単位での編集
★この設定は、MS-IME2000以前の MS-IME98等には有りません。
ここで、“常に行う”にチェックを入れておくと、入力中、変換中/確定後を意識せずに、文字の入力ミスを修正することができます。また、“クリックしたときに行う”を選ぶと、変換中の文字をクリックするか、[F2]キーを押したときに編集が可能になります。
(但し、WORD2000などの対応アプリケーションを使っているときのみ有効)
ローマ字入力
/かな入力
「ローマ字入力」方式か、「かな入力」方式かを選択します。
句読点 / 記号 「句読点」では、[] [] [] [] キーを押したときに入力される句読点の種類を設定できます。
「記号」では、[] [] [] キーを押したときに入力される括弧、記号の種類を設定できます。
スペースの入力 [Space]キーを押したときのスペースの半角/全角の切り替えを設定します。
“入力モードに従う”では、入力モードに合わせて自動的に半角/全角を切り替える設定になります。
テンキーからの
入力
テンキーを使って入力した数字や記号の半角/全角の切り替えを設定します。
“入力モードに従う”では、入力モードに合わせて自動的に半角/全角を切り替える設定になります。
[OK]ボタン 上記設定等が完了した後で、このボタンを押します。
[ヘルプ]ボタン この「プロパティ」画面の操作がわからないときには、このボタンを押すと使い方等の解説の画面が表示されます。


ホーム> メビウス> メビウス活用情報> 日本語入力ツールの使い方 (3)