SHARP
メビウス活用情報
 
 
パッド型ポインティングデバイスの操作のしかた
Windowsシステムは、ポインティングデバイスを動かすことでパソコンを操作できます。
慣れないうちは、マウスに比べマウスポインタが思い通りに動かせないかもしれませんが、マウスを使うより場所をとらず、外出先でも手軽に操作ができますので、操作しながらゆっくり慣れるようにしましょう。

ご注意
  • 必ず指で操作してください。
    先のとがったもの(シャープペンやボールペンの先)で操作すると、パッドを傷めることがあります。
  • 濡れた手や、汗をかいた手で、操作しないでください。
    マウスポインタが思わぬ方向に動いてしまうだけでなく、故障の原因にもなります。


 ポイントする (アイコンなどにマウスポインタを合わせる)
マウスポインタを目的のアイコンやボタンの上に置く(移動する)ことです。

指をパッドに触れたまま移動したい方向に動かします。指を動かす場所が無くなった場合は、いったん指を持ち上げて元の位置まで戻して、再び指を動かします。

 クリックする (左ボタンを押す)
画面上のボタンを押したり、メニューを選ぶ操作です。

画面上のマウスポインタの位置を確かめて、左ボタンを「カチッ」と1回押します。
パッド部だけで操作をする時は

画面上のマウスポインタの位置を確かめて、パッドを「トン」と軽く1回たたきます。

 ダブルクリックする (左ボタンを2回押す)
ソフトウェアを起動したり、ファイルを開くときの操作です。

画面上のマウスポインタの位置を確かめて、左ボタンを「カチッ、カチッ」と続けて2回、素早く押します。
パッド部だけで操作をする時は

画面上のマウスポインタの位置を確かめて、パッドを「トン、トン」と軽く2回、素早くたたきます。

 右クリックする (右ボタンを押す)
関連するメニューを表示するときの操作です。使用しているソフトウェアや、マウスポインタの位置により表示されるメニューが違います。

画面上のマウスポインタの位置を確かめて、右ボタンを「カチッ」と1回押します。

 ドラッグする (アイコンなどを動かす)
ファイルやフォルダを移動するときの操作です。

画面上のマウスポインタの位置を確かめて、左ボタンを押したまま、指をパッドに触れたまま移動します。
目的の位置まで移動したら、左ボタンから指をはなします。
パッド部だけで操作をする時は

画面上のマウスポインタの位置を確かめて、パッドを「トン、トン」と軽く2回たたき、指をパッドに触れたまま動かします。
目的の位置まで移動したら、パッドから指をはなします。

 画面をスクロールする 《スクロール機能対応のパッドの場合》
パッドの右端に指を触れて前後に移動させることにより、パソコンの表示画面を上下に移動させるときの操作です。

指を前方向に動かすと画面が上方向にスクロールされ、後方向に動かすと画面が下方向にスクロールされます。
パッドの下端に指を触れて左右に移動させることにより、パソコンの表示画面を左右に移動させるときの操作です。

指を左方向に動かすと画面が左方向にスクロールされ、右方向に動かすと画面が右方向にスクロールされます。


ホーム> メビウス> メビウス活用情報> パッド型ポインティングデバイスの操作のしかた