SHARP
メビウス活用情報
 
 
パソコンのお手入れ方法
パソコンを長く使っていると、本体やディスプレイの汚れやホコリが気になるものです。また、マウス内部のローラーやボールにホコリなどがついて汚れてしまうと、マウスの操作がうまくできなくなります。 日頃からのお手入れをお勧めします。

 

お手入れの前には、必ずパソコンや周辺機器の電源を切ってください。
電源ケーブルのプラグをコンセントから抜いてください。
電源を切らずにお手入れを始めると、感電することがあります。
     
  • お手入れの際に、アルコール・ベンジン・シンナーなどの強い化学薬品は使用しないでください。変形・変色の原因となります。
  • また、パソコン本体やキーボードには、絶対に水がかからないように、ご注意ください。故障の原因になります。

 


キャビネット
/通風孔/
赤外線ポート
ホコリの出ない乾いた柔らかい布で拭きます。
汚れが目立つときは、水かぬるま湯を含ませて、よく絞ってから拭いてください。
  • 通風孔にホコリなどが付着すると、本体の換気を妨げるおそれがあります。
  • 赤外線通信ポートに汚れがつくと、データ通信に障害が発生します。

キーボード ホコリの出ない乾いた柔らかい布で拭いてください。
汚れが目立つときは、水かぬるま湯を含ませて、よく絞ってから拭いてください。
キーボードは、構造上、ホコリがたまりやすくなっています。
まず、注意深く持ち上げ、逆さにして振ったり、軽くたたくなどして、内部のホコリや落下物を取り除きましょう。
キーの隙間の狭い部分は、綿棒などを利用し清掃します。

マウス ホコリの出ない乾いた柔らかい布で拭いてください。
汚れが目立つときは、水かぬるま湯を含ませて、よく絞ってから拭いてください。
マウスポインタの動きが悪いときは、次の手順で内部のボールとローラーもお手入れしてください。
ボールおよびローラー部分の清掃に当たっては、傷付けないようにご注意ください。ほこりが付着しやすくなり、ひいてはマウスの動きが鈍くなることがあります。
  1. 下図のようにボールを取り出します。
   
  1. 水、または水で薄めた中性洗剤でボールを洗い、ホコリの出ない乾いた柔らかい布で水分を拭きとって、よく乾かします。
  2. マウスの中のローラー部分にホコリが付着していたら、柔らかいブラシなどで丁寧に取り除きます。(ブラシには、水や歯みがき粉などを付けないでください。)
  3. マウス内のホコリや糸くずなどを取り除き、ボールを戻し、カバーを取り付けます。

液晶ディスプレイ
パネル
ホコリの出ない乾いた柔らかい布で拭いてください。
特に、液晶パネル面は強くこすらないようにご注意ください。
また、化学ぞうきんや濡らした布は使わないでください。

電源ケーブル ホコリの出ない乾いた柔らかい布で拭いてください。
汚れが目立つときは、水かぬるま湯を含ませて、よく絞ってから拭いてください。
長い間、電源プラグをコンセントの差したままにしておくと、ホコリがたまることがありますので、電源プラグも抜いてお手入れしてください。

接続ケーブル ホコリの出ない乾いた柔らかい布で拭いてください。
汚れが目立つときは、水かぬるま湯を含ませて、よく絞ってから拭いてください。
長い間、コネクタに差したままにしておくと、ホコリがたまることがありますので、コネクタ部もお手入れしてください。


ホーム> メビウス> メビウス活用情報> パソコンのお手入れ方法