SHARP
メビウス活用情報
 
 
ポインティングデバイスの操作
・パソコンの操作は、画面に表示されている矢印を動かすことから始まります。
この矢印を「マウスポインタ」といいます。
・矢印(マウスポインタ)を目的の位置まで動かしてから命令を伝えます。

この命令を伝える装置を「ポインティングデバイス」といいます。

 

  • ポインティングデバイスには、いろいろな形をしたものがありますが、ここではメビウスパソコンで使われる代表的な2つのものを紹介します。
パッド型ポインティングデバイス      マ ウ ス

パッド型ポインティングデバイス
の操作のしかた

マウスの操作のしかた


    マウスポインタの主な種類

通常の状態

待ち状態(砂時計)

パソコンは指示待ちの状態です。アイコンをクリックしたり、ダブルクリックすると指示された動作を始めます。 パソコンは時間のかかる動作をしているときの状態です。この状態では、マウスやキーボードは働きません。
上下左右斜めに拡大/縮小

リンクの選択(指)

ウィンドウの大きさを変えるため、枠の部分をドラッグするときの表示です。 クリックすると、ある動作をする表示です。ホームページ上でクリックすると、リンクされたホームページに行きます。
テキスト選択(アイビーム)

     
ワープロソフトや表計算ソフトなどの画面上で、文字入力状態になっているときの表示です。   


ホーム> メビウス> メビウス活用情報> ポインティングデバイスの操作