ともだち家電の冷蔵庫

週末にまとめて買った食品、使うのをすっかり忘れていた!トホホ、期限が切れている・・・

「ともだち家電」の冷蔵庫が、使い忘れないようにお知らせ。

「せっかく買った食品なのに、冷蔵庫に入れたまま 使い忘れていた…」
そんな経験ありませんか? 何を入れたかを冷蔵庫が覚えて、
期限がくる前に知らせてくれたら…と、シャープは考えました。
それが、「ともだち家電」の冷蔵庫です。

冷蔵庫 SJ-TF50B

 「ともだち家電」本体で、ここまでできる。

1.冷蔵庫とお話しながら、使い忘れや重ね買いを防げる。

「ともだち家電」の冷蔵庫は、音声認識機能を採用。手がふさがっていても、食品名を声で伝えると、食品を覚えてくれたり、使った食品を伝えると、買い足す食品とするか聞いてくれたり、あなたに代わって食品を管理してくれます。

タマゴ 入れるね。…冷蔵庫内の食品を覚える/お肉 使うね。…冷蔵庫からなくなった食品として覚える/ドレッシング買わなきゃ。…買い物する食品として覚える …などと、声で登録
2.期限が近くなると、使うようにお知らせしてくれる。

食品を覚えると、あらかじめ食品ごとに決められた目安の期限が設定されます※1。期限が近づくと、使うようにお知らせしてくれるので、「せっかく買ったのに、使い忘れていた」といったことを抑えることができます。

※1
ご使用にあたっては、食品を使う日の目安としてご利用ください。
イメージ:期限が近くなると、使うようにお知らせ
3.使いたい食品名をつぶやくと、メニューをおすすめ。

「この食品、そろそろ使おう」と思っても、「さて、何つくろう?」ということ、ありますよね。そんな時は、冷蔵庫に使いたい食品名を声で伝えると、メニューをおすすめしてくれます。
また、「期限が切れそうな食品で作れるメニュー教えて」と言うと、期限の近い食品を使ったメニューを教えてくれるので、食品を無駄にすることなく使えます。

イメージ:期限が切れそうな食品で作れるメニューを教えてくれる

スマートフォン用アプリ「ココロボ〜ド」を使えば、こんなこともできる。

4.冷蔵庫が覚えた食品をきめ細かく管理でき、外でも見られる。

家にある食品も、買い足したい食品も、手元のスマートフォンで見たい時に見られるので、お仕事帰りに買い物する場合などに便利。買い物前に冷蔵庫の中をチェックする必要もなく、家にあるのに買ってしまったり、買い忘れたり…といったことを防げます。
さらに、食品ごとに、置き場所や期限の登録をすることで、きめ細かく管理することもできます。

イメージ:「ココロボ〜ド」で食品リストや買い物リストを確認
5.留守番している家族に、音声メッセージを伝えられる。

外出先で「ココロボ~ド」を使って録音した伝言を、冷蔵庫がしゃべって※2伝えてくれます。留守番中のお子様など、スマートフォンを持っていない家族にメッセージを伝えたい時に、便利です。
「ココロボ~ド」のカレンダーに登録してある暮らしの予定や家族の記念日も、冷蔵庫がしゃべって※2お知らせ。大切な予定を忘れる心配もなくなりそう。

※2
冷蔵庫がしゃべるタイミングは、ドアを開けた時、あるいは点滅サイン時にボタンを押した時になります。
イメージ:プリンがあるから食べてね!
ともだち家電の冷蔵庫 SJ-TF50B…無線LAN接続機能、人の声を音声認識、家電からの音声発話、ココロエンジン搭載 製品情報はこちら

ともだち家電の冷蔵庫をお使いいただくには、ご家庭内に下記の設置が必要です。

  • 1.常時接続のブロードバンド回線
  • 2.無線LANアクセスポイント
  • 3.スマートフォンもしくはタブレット
  • 4.スマートフォンアプリココロボ〜ド

ページトップ