除加湿空清 KC-GD70

製品情報はこちら

5つのセンサーでみはって、おまかせワンボタンでかしこく運転24時間、365日いつも快適

おまかせワンボタンを押すだけで、お部屋の空気の汚れやニオイ、湿度、温度、明るさに応じて、除湿/加湿/空気清浄を自動でコントロールし、お部屋を快適な空気環境にします。

季節や明るさに応じて、湿度と空気清浄を自動でコントロール
  • 高濃度プラズマクラスター7000と、除湿・加湿・空気清浄の効果についてはこちらをご確認ください。

プラズマクラスターと広角自動スイングルーバーで生乾き臭を抑えて、快適部屋干し

プラズマクラスターで嫌な生乾き臭を抑え、静電HEPAフィルターを通した大風量のキレイな風ですばやく乾燥させます。

生乾き臭をスポット消臭、汗臭をスポット消臭
広角自動ルーバー

静電気を除去しながらホコリや花粉、微小な粒子まで素早く集めるスピード循環気流&背面ワイド吸引

プラズマクラスターで「+」と「ー」両方の静電気を除去できるので、微少な粒子が壁などに付着するのを防ぎます。さらに、お部屋全体に風の流れが素早く行き渡るスピード循環気流で、遠くのホコリ素早くも引き寄せて浄化できます。しかも除湿しても空気清浄能力はほとんど低下しません。

スピード循環気流&背面ワイド吸引
背面ワイド吸引

大きなホコリから微小な粒子やニオイまで、3つのフィルターで、しっかり集じん・脱臭

3つのフィルター
PM2.5への対応について
  • ※1<抗菌>●試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構/広東省微生物分析検査センター●試験方法:JIS Z 2801 フィルム密着法。●抗菌方法:後ろパネルネットに抗菌剤を含浸。●対象:後ろパネルネットに付着した菌。 ■試験結果:99%以上抗菌。 <防カビ>●試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構/広東省微生物分析検査センター●試験方法:JIS Z 2911 カビ抵抗性試験。●防カビ方法:後ろパネルネットに防カビ剤を含浸。●対象:後ろパネルネットに付着したカビ菌。■試験結果:菌糸の発育が認められない。
  • ※2KC-E70(2014年発売)搭載のプレフィルター:約1ヶ月運転相当のホコリ量約190mg。KC-GD70搭載のプレフィルター:約1ヶ月運転相当のホコリ量約250mg。数値はあくまでも目安であり、使用場所の状況や使いかたによって効果は異なります。
  • ※3日本電機工業会規格(JEM1467)に基づく試験方法により算出。1日にタバコ5本吸った場合の目安。ご使用状況やニオイの種類・強さによっては、お手入れや交換が必要になる場合があります。
  • ※4試験方法:日本電機工業会規格(JEM1467) 判定基準:0.1〜2.5µmの微小粒子状物質を、32m³(約8畳)の密閉空間で99%除去する時間が90分以内であること。(32m³(約8畳)の試験空間に換算した値です。)

給水も排水もラクラク、持ち運びしやすいハンドル付きタンク

給水タンク、排水タンクともに移動に便利なハンドルを採用。給水タンクは自立する構造を採用し、タンクが立てられるので、給水もキャップを締めるのもラクラク。また、口径75mmの広口キャップで、中まで手を入れて洗えます。

給水タンクと排水タンク

毎日使いやすさを実感使い勝手&便利機能

移動がラクラク、しっかり固定もできる自在キャスター

お部屋の移動や掃除をする場合は、キャスターで左右方向だけでなく、自在に移動可能です。また、移動しない時はストッパーでしっかり固定できます。

移動は片手でラクラク、ストッパーでしっかり固定

簡単お掃除の後ろパネルホコリブロックプレフィルター

フィルターについた大きなホコリは、いつものお掃除ついでに、後ろパネルをつけたまま掃除機で吸い取るだけ。簡単にしっかりお掃除ができます。

後ろパネルを外さず、掃除機をかけるだけ

季節に合わせて快適な空気環境を実現する高濃度プラズマクラスター7000と除湿・加湿・空気清浄の効果

季節に合わせて快適な空気環境を実現する高濃度プラズマクラスター7000と除湿・加湿の効果
  • ☆試験空間での実証結果であり、実使用空間での実証結果ではありません。使用場所の状況や使いかたによって効果は異なります。
  • *1<静電気>●試験機関:当社調べ●試験方法:JIS TR C 0027-1を参考にして5kVに帯電させた金属製検知板にプラズマクラスターイオンを照射し、0.5kVまで除電するのに要する時間を測定。■試験結果:約13分後に除電。FU-D30(KC-GD70より性能の低い機種)で実施。
  • *2<浮遊カビ菌>●試験依頼先:(一財)日本食品分析センター●試験成績書:第15061723001-0101号●試験方法:約25m³の試験空間で日本電機工業会 自主基準(HD-131)の性能評価試験にて実施。●試験対象:浮遊した1種類のカビ菌。■試験結果:約49分で99%抑制。FU-F28(KC-GD70より性能の低い機種)の風量「強」運転で実施。
  • *3<浮遊菌>●試験依頼先:(一財)日本食品分析センター●試験成績書:第15061721001-0101号●試験方法:約25m³の試験空間で日本電機工業会 自主基準(HD-131)の性能評価試験にて実施。●試験対象:浮遊した1種類の菌■試験結果:約51分で99%抑制。FU-F28(KC-GD70より性能の低い機種)の風量「強」運転で実施。
  • *4<付着タバコ臭>●試験機関:当社調べ●試験方法:タバコのニオイ成分を染み込ませた布片にプラズマクラスターイオンを照射し、消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約90分後に気にならないレベルまで消臭。 FU-F28(KC-GD70より性能の低い機種)で実施。
  • *5<付着生乾き臭>●試験機関:当社調べ●試験方法:部屋干し衣類の生乾きのニオイ成分を付着させた布片にプラズマクラスターイオンを集中的に照射し、消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約3時間で気にならないレベルまで消臭。FU-B30(KC-GD70より性能の低い機種)で実施。※
  • *6<付着汗臭>●試験機関:当社調べ●試験方法:汗のニオイ成分を染み込ませた布片にプラズマクラスターイオンを集中的に照射し、消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約6時間で気にならないレベルまで消臭。FU-B30(KC-GD70より性能の低い機種)で実施。※
  • *7<浮遊アレル物質>●試験機関:ITEA(株)●試験方法:約25m³の試験空間にダニのふん・死がいのアレル物質を浮遊させ、アレル物質をELISA法で測定。■試験結果:約51分で99%抑制。FU-F28(KC-GD70より性能の低い機種)で実施。
  • *8<浮遊ウイルス>●試験機関:ベトナム ホーチミン市 パスツール研究所●試験方法:約25m³の試験空間で日本電機工業会規格(JEM1467)の性能評価試験にて実施。●試験対象:浮遊した1種類のウイルス。■試験結果:約18分で99%抑制。FU-A30(KC-GD70より性能の低い機種)の風量「強」運転で実施。
  • ニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、消臭効果は異なります。
モニターレポート