プラズマクラスタートップ > プラズマクラスターの効果

プラズマクラスターの効果

浮遊カビ菌を除菌

【約31m³(約8畳相当)の試験空間での約83分後の効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。】

浮遊カビ菌表面の細胞膜のタンパク質を切断して分解・除去し、除菌します。

試験機関:(財)石川県予防医学協会
試験方法:約31m³(約8畳相当)の試験空間にプラズマクラスターイオンを放出し、浮遊カビ菌をエアーサンプラーにて測定。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³)
試験結果:約83分で除去率99%。
図:浮遊カビ菌 分解・除去イメージ

浮遊菌の作用を抑える

【約31m³(約8畳相当)の密閉した試験空間での約14分後の効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。】

浮遊菌表面の細胞膜のタンパク質を切断して、約14分で作用を抑えます。

試験機関:(財)石川県予防医学協会
試験方法:約31m³(約8畳相当)の試験空間に、ある1種の菌を浮遊させ、プラズマクラスターイオンを放出し、その後、試験空間内の菌を回収し、空気中の菌除去率を測定。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³)
試験結果:約14分で99%抑制。
図:浮遊菌 作用抑制イメージ

付着カビ菌の増殖を抑える

【約20m³(約5畳相当)の試験空間での3日後(1日24時間)の効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。】

高濃度化により、浮遊カビ菌の分解・除去に加え、付着しているカビ菌の増殖も抑制します。

試験依頼先:(一財)日本食品分析センター
試験成績書:第12076306004-01号(平成24年9月6日発行)
試験方法:当社にて約20m³(約5畳相当)の試験空間にカビ菌を付着させた塩ビ板を置き、プラズマクラスターイオンを放出し、カビ菌を3日間増殖させたものを試験依頼。JISZ2911を参考にしてカビ発育面積を比較。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³)
試験結果:3日後に付着カビ菌の増殖を抑制。
図:付着カビ菌の増殖抑制効果

ダニのふん・死がいの浮遊アレル物質の増加を抑える

【約8畳の居住空間での4週間後(1日24時間)の効果です。】

ダニのふん・死がいの浮遊アレル物質のタンパク質を切断して、作用を抑えます。

試験機関:広島大学大学院 先端物質科学研究科
試験方法:掃除をしない実際の居住空間(約8畳)での浮遊ダニのアレル物質の作用をELISA法で測定。その増加率を算出。(プラズマクラスターイオン濃度:3,000個/cm³)
試験結果:4週間後にダニのアレル物質の増加を抑制することを確認。(プラズマクラスターイオン発生機器を用いた実証結果です。)
写真:ダニのふん、ダニの死がい

浮遊ウイルスの作用を抑える

【約25m³(約6畳相当)の密閉した試験空間での約66分後の効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。】

浮遊ウイルスの作用を抑えます。

試験機関:ベトナム ホーチミン市 パスツール研究所
試験方法:約25m³(約6畳相当)の試験空間にウイルスを浮遊させ、プラズマクラスターイオンを放出。その後、試験空間内のウイルスを回収し、空気中のウイルス除去率を測定。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³)
試験対象:浮遊した1種類のウイルス。
試験結果:約66分で99%抑制。
図:浮遊・付着ウイルス 作用抑制イメージ

付着ウイルスの作用を抑える

【約25m³(約6畳相当)の密閉した試験空間での約10時間後の効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。】

付着ウイルスの作用を抑えます。

試験機関:(株)食環境衛生研究所
試験方法:約25m³(約6畳相当)の試験空間に、ウイルスを付着させたガーゼ布を吊るし、プラズマクラスターイオンを放出。一定時間後、ガーゼ布を回収し、ウイルス除去率を測定。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³)
試験対象:付着した1種類のウイルス。
試験結果:約10時間で99%以上抑制。
図:浮遊・付着ウイルス 作用抑制イメージ

タバコの付着臭を分解・除去

【約41m³(約10畳相当)の試験空間での約55分後の効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。ニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、ニオイ除去効果は異なります。】

約55分で部屋に染み付いたタバコのニオイ成分を分解・除去し、気にならないレベルまで脱臭します。

試験機関:当社調べ
試験方法:約41m³(約10畳相当)の試験空間にて、タバコのニオイ成分を染み込ませた布片にプラズマクラスターイオンを照射し、脱臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³)
試験結果:約55分で気にならないレベルまで脱臭。
ニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、ニオイ除去効果は異なります。

車載タイプの場合

車の座席シートなどに染み付いたカビ臭を分解・除去し、気にならないレベルまで脱臭します。

試験機関:当社調べ
試験方法:約3.6m³の車内空間にて、カビのニオイ成分を染み込ませた布片にプラズマクラスターイオンを照射し、プラズマクラスターイオンを照射しない布片との臭気を2点比較法にて評価。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³)
試験結果:約45分で脱臭効果を確認。
付着しているニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、ニオイ除去効果は異なります。
グラフ:染み付いたタバコのニオイの脱臭効果

衣服に付いた汗臭も「スポット脱臭」

【約4時間後の効果です。吹き出す風の当たらない部分のニオイは取れません。】

高濃度プラズマクラスターイオンを集中的に当てることで、生地にやさしくしっかりと脱臭します。

試験機関:当社調べ
試験方法:汗のニオイ成分を染み込ませた布片の脱臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。(プラズマクラスターイオン濃度:250,000個/cm³*1
試験結果:約4時間で気にならないレベルまで脱臭。*2
*1
吹き出す風が当たる位置に吊るした衣類近傍で測定したイオン濃度。
*2
付着しているニオイの種類・強さ・衣類の素材などによって、ニオイ除去効果は異なります。吹き出す風の当たらない部分のニオイは取れません。
写真;脱臭イメージ

部屋干し衣類の生乾き臭を「スポット脱臭」

【約2.5時間後の効果です。吹き出す風の当たらない部分のニオイは取れません。】

室内に干している洗濯物に向けて送風すれば、部屋干し衣類の生乾き臭を気にならないレベルまで脱臭します。

試験機関:当社調べ
試験方法:部屋干し衣類の生乾きのニオイ成分を付着させた布片にプラズマクラスターイオンを集中的に照射し、脱臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。(プラズマクラスターイオン濃度:250,000個/cm³※1
試験結果:約2.5時間で気にならないレベルまで脱臭。※2
※1
吹き出す風が当たる位置に吊るした衣類近傍で測定したイオン濃度。
※2
付着しているニオイの種類・強さ・衣類の素材などによって、ニオイ除去効果は異なります。
写真;部屋干しイメージ

浮遊ニオイ原因菌の作用を抑える

【約25m³(約6畳相当)の密閉した試験空間での約180分後の効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。】

部屋干し衣類の生乾き臭の元となる浮遊ニオイ原因菌の作用を抑制します。

試験機関:(株)食環境衛生研究所
試験方法:約25m³(約6畳相当)の試験空間に、ある1種の洗濯物の生乾き臭のニオイ原因菌を浮遊させ、プラズマクラスターイオンを放出し、その後、試験空間内の菌を回収し、空気中の菌除去率を算出。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³)
試験結果:約180分で99%抑制。
 

静電気を抑える

【約41m³(約10畳相当)の試験空間での約2.5分後の効果です。】

ハウスダストや花粉がカーテンやソファなどへ付着するのを抑えます。

試験機関:当社調べ
試験方法:約41m³(約10畳相当)の試験空間にて、JIS TR C 0027-1を参考にして5kVに帯電させた金属製検知板にプラズマクラスターイオンを照射し、0.5kVまで除電するのに要する時間を測定。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³)
試験結果:約2.5分で初期電位5kVが0.5kVまで減衰。

車載タイプの場合

試験機関:当社調べ
試験方法:約3.6m³の車内空間にて、5kVに帯電させた座席のヘッドレストにプラズマクラスターイオンを照射し、0.5kVまで除電するのに要する時間を測定。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³)
試験結果:約4分で初期電位5kVが0.5kVまで減衰。
グラフ:静電気除去効果

●約5〜11畳相当の試験空間におけるプラズマクラスターイオン発生機を用いた実証結果です。イオン濃度が同等であれば同様の効果が得られると考えられます。
●プラズマクラスターの効果は、使用場所の状況(温度・湿度、広さ、形状、エアコン・換気などの使用の有無、商品の設置場所など)や商品特性、使いかた(イオンの吹き出し方向・運転モード・運転時間など)、個人によって異なります。

このページのトップへ

.