熱ではがして、サイクロンで吸う。 徹底したダニ 研究から生まれた新開発 ヒートサイクロン搭載。 コロネ Cornet

すべては清潔で快適な睡眠環境のために。

清潔にしているつもりでも、ふとんにはダニがいっぱい。

ダニの生態を徹底研究。

シャープは有効なダニ対策を探るために、約5,000匹以上のダニを飼育してダニの生態を研究しました。

掃除機で吸うだけでは、ダニは除去できない。※3

ダニはクモの仲間で鋭いツメがあり、掃除機で吸うと、ふとんの繊維にしがみついて抵抗します。※3

ダニを退治しないとアレル物質であるダニのふん・死がいは、ふとんのなかで増加する一方…。 ダニの寿命は1カ月程度で、生涯に約100個ほど卵を産みます。また虫体以上にアレル物質として、人体に影響を与えるのが、ダニのふん。1日に体重の約5~10倍のふんをしますが、それがアレル物質となります。

ふとんのダニ対策に効果があるのは、熱

研究の結果、ダニ※4に約40°Cの熱を与えるとふとんの繊維からツメを離して逃げ出すことがわかりました。※3

熱+
約40°Cの温風を放出して、ダニ※4を繊維から引きはがします。※3
サイクロン
ダニを強力に吸い取り、ダストカップ内で粉々に砕いて死滅させます。※5

新開発「ヒートサイクロン」

ふとんの繊維にしがみつく
ヒョウヒダニ。
温風を
ふとんに放出。
熱を嫌ってダニが
しがみついているツメを離す。
強力吸引で
一気に吸い込む。

(イメージ図)

温風でふとんのダニを引きはがして強力に吸引する、「ヒートサイクロン」。

温風をふとんに吹きつけてダニ※4を繊維から引きはがし、遠心分離サイクロンと「たたきパワーブラシ」でダニ※4やアレル物質(ダニのふん・死がい)を除去。※6※7

温風でダニを引きはがす。

モーターが持つ熱エネルギーを掃除機の底面で循環。ダニ※4に効果のある温度(約40℃)の温風を吹きつけます。

ダニやアレル物質を強力に吸い込む、「遠心分離サイクロン」。

遠心分離サイクロンの高速旋回気流によりダニ※4やアレル物質(ダニのふん・死がい)を強力に吸い込み、吸い込んだダニはカップ内で粉々に砕いて99%以上※5死滅させます。

ふとんにやさしい
過熱防止機能で、
ふとんのダメージを抑える。
低消費電力
ヒーターを使わないから、
消費電力が低い。

たたいて、かき出す「たたきパワーブラシ」。

毎分最大約6,000回の高速振動を与えるブレードでハウスダストをたたき出し、約21cmのワイドな吸込口で効率よくお掃除することができます。

ワイドな吸込口 約21cm

まくらの気になるニオイを消臭。※8

温風といっしょにプラズマクラスターイオンを放出し、加齢臭のニオイ成分(ノネナール)を消臭します。※8

ふとんふっくら、気持ちいい。

温風でふとんの湿気を取り除き、心地よくふっくらさせます。

微細なハウスダストを逃さない。

ダストカップ内部と本体排気経路の2カ所に高性能プリーツフィルターを搭載。

商品画像

使いやすいラウンドハンドル。

使う場所の高さや姿勢にあわせてグリップ位置を自由に変えることができて、ベッドでもふとんでもラクラクお掃除。

軽い
軽くて使いやすい。
スイスイお掃除。

カンタンごみ捨て&水洗い。

外してポイ
ごみ捨てはカップを本体からはずして、
ワンタッチで捨てるだけ。
水洗い
ダストカップもフィルターも、
まるごと水洗いできて清潔。

清潔に収納できる「スタンド収納台」。

吸込口が床に触れず立てて収納できます。

清潔に収納できる「スタンド収納台」

動画を再生

  • ※1ヒョウヒダニの虫体。
  • ※2本体内部の熱を利用した温風を本体底面から吹き出しサイクロンで吸引する方式を搭載。
  • ※3当社調べ。当社製掃除機を使った原理モデルによる試験環境でのヒョウヒダニを対象とした実証結果より。周囲温度や環境、ダニの種類によって異なります。
  • ※4ヒョウヒダニの虫体。ふとん上のすべてのダニに効果があるわけではありません。
  • ※5【試験機関】(株)ビアブル【 試験方法】生きたヒョウヒダニを寝具上に散布し本機で吸引し、ダストカップ内ダニ死滅率を測定【 試験結果】99%以上死滅。
  • ※6【試験機関】(株)ビアブル【試験方法】生きたヒョウヒダニを寝具上に散布し本機で吸引【試験結果】99%以上除去。寝具のすべてのダニを取り切れるわけではありません。
  • ※7【試験機関】(株)ビオスタ【試験方法】ダニのふん・死がいを含むアレル物質を混合した汚染物を寝具上に散布し本機で吸引【試験結果】99%以上除去。寝具のすべてのアレル物質を取り切れるわけではありません。
  • ※8【試験機関】:当社調べ【試験方法】:加齢臭のニオイ成分(ノネナール)を染み込ませた寝具上で本機をゆっくり(10cm/秒)一往復運転。消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。【試験結果】気にならないレベルまで消臭。ニオイの種類・強さ・対象物の素材・本体を動かす速さなどによって、消臭効果は異なります。