サポート・お問い合わせ  BDレコーダー・プレーヤー/4Kレコーダー

BD-NT3000シリーズ(2016年5月発売)でのSHDD(スロットインハードディスク)ご使用について

2017年10月 現在

BD-NT3000/NT2000/NT1000/NW2000/NW1000/WW1000/NW500/NS500では、株式会社タイムリー製のHDD簡単接続セット「UD-505SA」を使って接続すると、SHDD(スロットインハードディスク)をUSB外付けハードディスクとして使用することができます。

※ UD-505SAを使用するには、AQUOSブルーレイ上記機種のソフトウェアが以下のバージョンに更新されている必要があります。
AQUOSブルーレイホームメニュー画面から、「設定」→「初期化・更新」の「システム動作テストを選び、 表示されるバージョン番号が 「BM1606150」もしくは、BMに続く数字がより大きな数字であれば、ソフトウェア更新は正常に終了しております。

ソフトウェアの更新方法については、こちらをご覧ください。

※ 以下の機種でも同様に使用することができます。

BD-UT3200/UT2200/UT1200/UW2200
BD-NT1200/NW1200/WW1200/NW520/NS520
BD-UT3100/UT2100/UT1100
BD-NW2100/NW1100/WW1100/NW510/NS510

※ 上記機種以外で使用していたSHDDをそのまま上記機種に接続しても使用できません。
使用の際には初期化が必要となり、録画したタイトルなどは消去されます。

接続手順

  • SHDDにS-ATA→USB2.0変換アダプタ、AC電源アダプタケーブルを接続する。

  • AQUOSブルーレイ後面端子部の外付けHDD用端子にUSBコネクタを差す。
  • 電源ケーブルをコンセントに差し、AC電源アダプタのスイッチをONにする。
    詳しくはUD-505SAに同梱されているユーザーズマニュアルをご覧ください。

操作手順

AQUOSブルーレイに内蔵されている取扱説明ガイドの1-66ページ以降の説明に従い、操作してください。

ご注意

  • USB外付けハードディスクとして使用可能となったSHDDをSHDD対応機種で、SHDDとして使用することはできません。(保証しません)
  • AC電源アダプタケーブルの着脱は、必ずAQUOSブルーレイとUD-505SAの電源をOFFにしてから行ってください。
    (UD-505SA付属AC電源アダプタのスイッチをOFF(緑色ランプ消灯)にして下さい。)
    AQUOSブルーレイやUD-505SAの電源がONの状態でAC電源アダプタケーブルの着脱を行うと、録画データだけでなく機器の故障原因となります。当該故障は保証対象外となりますので、ご注意下さい。
  • USB外付けハードディスクとして使用可能となったSHDDは登録を行うと、他のAQUOSブルーレイでも使用できます。
    (但し、登録を行う際に録画したタイトルは消去されます。)