TEKION LABについて

ABOUT LAB

ヒトやモノの幸せを
“ 適温 TEKION ”という切り口で考える研究所です

内海夕香

内海夕香 Utsumi Yuka
CEO兼CTO 博士(工学)

液晶材料技術のスペシャリスト。新規蓄熱材料開発、市場ニーズに合わせた新商品コンセプト開発、ソリューション提案、量産技術等、要素技術から商品化技術まで一気通貫の開発チームのリーダー。

TEKION LAB(テキオン ラボ)は、シャープ株式会社 研究開発事業本部 材料・エネルギー技術研究所で活動する社内ベンチャーです。

シャープが液晶材料の研究で培った技術をベースに開発した蓄熱技術は「-24℃~+28℃の温度領域の特定の温度※1で蓄冷※2する」ことができる蓄冷材料を作ることができました。

この蓄冷材料で、わたしたちは3つのC

Cheer    適温体験で喜びや楽しさを
Confidence  正確な温度管理で信頼を
Comfort   冷たすぎない冷却で快適さを


を皆様にお届けしたいと考えています。
そのために、いろいろな新しい試みにチャレンジしてまいります。 3つのCについて

※1 開発中の温度帯のものを含みます。 ※2 本「蓄冷材料」は特定の温度で融け、固体から液体に変化します。この時、周囲の熱を吸収することにより、材料そのものだけでなく、その周囲の空気や触れている対象物を特定の温度で保持する機能を有します。保持できる温度や時間は、材料の使用量や使用条件によって異なります。
TEKION LABについて

TEKION LABについて


西橋雅子

西橋雅子 Nishihashi Masako
CMO

生活目線で使い勝手や、生活の質を高める商品作りを目指す。主に商品企画を担当。2014年より研究開発事業本部にて、開発テーマをいち早く事業化につなげる「事業ブリッジ」活動に取り組み、「蓄熱技術」との出会いからTEKION LABを立ち上げる。

暮らしの中の「ちょうど良い」温度、“適温(TEKION)”について研究し、いろいろな温度で融け始める「不思議なこおり」で、もっと快適な暮らしと笑顔あふれる適温体験を提案するべく取り組んで参ります。

みなさまのご支援、ご鞭撻を何卒よろしくお願い申し上げます。
Enjoy TEKION!


種谷元隆

種谷元隆 Taneya Mototaka
プロジェクトオーナー

TEKION LAB生みの親。
化合物半導体、エネルギーソリューション関連等の技術開発に従事し、研究開発から事業本部の製品化まで幅広く担当。
現在 研究開発事業本部 本部長を務める。

CONTACT

導入に関するご相談、
資料請求などは、お気軽にお問い合わせください。