ご購入前ご相談窓口

ナビダイヤル 0570-002-023 月曜日~土曜日(9:00~18:00)日曜・祝日および年末年始を除く

  • Webでお問い合わせ/お見積もり依頼/資料請求

電子レジスタ <XE-A147>

オープン価格

サーマルプリンタ搭載で本格的なレシート/横型領収証を発行

ロゴ入りレシート/横型領収証も発行可能なサーマルプリンタ

約10行/秒印字の58mm幅サーマルプリンタを搭載。
レシートには店名ロゴ、領収証には領収証ロゴを印字する事ができます。
収入印紙貼付欄などを備えた横型領収証を発行します。

  • レシート見本、領収証見本は、消費税率5%の場合の例です。

紙交換は手軽な投げ込み方式

ロール紙の交換は投げ込み方式を採用し、簡単に行えます。
混雑時などもすばやく交換できます。

このページのTOPへ

SDメモリーカードで売上データ管理、各種設定もパソコン連携でスムーズに

SDメモリーカードでデータ保存

SDメモリーカード(市販)を使って、電子ジャーナル(テキスト形式)、売上データ(CSV形式)をSDメモリーカードに保存でき、パソコンでメモ帳などのテキストエディタやEXCELなどの表計算ソフトを使ってデータ管理ができます。
また、SDメモリーカードに保存した電子ジャーナルをレジのプリンタで印字できます。

  • 売上登録の記録明細。最新の約3000行分を本体メモリーに記録
  • SDメモリーカードは同梱しておりません。

  • SDHCメモリーカード容量:4GB~32GB
  • SDHCメモリーカード推奨メーカー、および動作確認済みの品番については、こちらにてご確認下さい。
パソコンを活用してレジスタの各種設定ができます
カスタマサポートツールを利用して部門名や消費税の税率などの設定をパソコンで行い、設定データをSDメモリーカードを使ってレジスタ本体に取り込むことができます。

  • カスタマサポートツールのダウンロードと動作環境はこちら

このページのTOPへ

停電時や屋外でも活躍 バッテリー対応(オプション)

万が一の停電でも自動的にバッテリー駆動に切替り、約8時間使用できます。

  • 取引条件:70取引/日、1取引4商品販売、19行印字/取引<使用温度25℃でバッテリー新品(フル充電)時>。

このページのTOPへ

見やすい、使いやすいをカタチに

用途に応じてカラーで区分けたキーボード

誤操作を抑え、忙しい時間帯でもレジ操作が迅速にできます。
キーを保護する透明キャップ付きです。

多目的に使える2段式フリートレイ

ペン・印鑑・クリップなどの常備品が置け、お札やコインの仮置きも。
レジまわりがすっきりし、作業も快適です。

このページのTOPへ

売上管理も手軽にこなせる

部門ごとに売上を分類管理できる8部門分類

各部門に対し、売上単価の設定や、マイナス部門扱いに変更ができます。
(部門5~部門8を登録するときは、部門シフトキーを使います)

気になる売上と現金在高をすぐにチェック

確認したい時点での売上額(総売上/部門別)、ドロア内の現金在高をワンタッチで表示します。
レポート出力の手間が省け、ロール紙の節約にもなります。

現金・券売・信用の売上管理

現金・券売・信用といった取引形態別に売上を入力・管理。
ドロア内金額と売上金額の照合に役立ち、複合売上処理もできます。

エラークイック解除機能

エラー発生で取引が終了できない場合でも、すばやく対処できます。

このページのTOPへ

充実の基本機能

消費税率自動変更機能

あらかじめ消費税率の変更日と新しい税率を設定しておけば、指定した変更日に自動的に消費税率が変更されます。

《その他の機能》

●知りたい期間の部門売上合計と総売上合計がつかめる期間売上集計
●消費税(外税・内税・非課税混在)自動計算
●割り引き(増し)計算ができる%キー
●同一商品の複数登録に便利なリピート・乗算機能
●売上以外の入出金は専用キーでそれぞれ別勘定に登録
●ACアダプタが抜けたり停電になっても、設定や登録した内容が消えないデータ保持機能
●日付・時刻がわかる時計機能
●安全性を考えた鍵つきドロア

  • データ保持には単3形アルカリ乾電池が3本必要です。あらかじめ市販の単3形アルカリ乾電池をご購入ください。
    電池交換警告機能で、電池の消耗もわかります。

店名・領収証ロゴ作成(有償)について

本体同梱「取扱説明書」の店名・領収証ロゴ作成依頼書でご注文いただくと、SDメモリーカードにてご提供いたします。〔別途有償3,000円+税(SDメモリーカード込み)〕
このSDメモリーカードから店名・領収証ロゴデータの読み込み操作を行えば、店名・領収証ロゴが印刷されます。

  • 店名・領収証ロゴに黒色部分が多い時は、印字密度の制限のため、ご希望通りに作成できない場合があります。

このページのTOPへ