SHARP デジタルサイネージ

デジタルサイネージのコンテンツ制作

デジタルサイネージのコンテンツ制作におけるポイントをご紹介

デジタルサイネージで配信するアニメーションや動画によるムービーの制作は負荷が高く、外部パートナーに委託しても運用コストが高いと思われがちです。
身近なツールであるPowerPoint®や、Excel®と、運用負荷を下げるコンテンツ制作や配信ツールを活用することで、コンテンツ制作を社内スタッフで運用することも可能になります。
デジタルサイネージを導入しても、価値のあるメッセージを継続的に配信しなければ成果は見込めません。継続したコンテンツ制作と配信を可能にするためのポイントを解説します。

かんたん その1 業種にあわせたテンプレート
デザインを活用しよう!

業種やデジタルサイネージを設置している空間に合わせたデザインを制作する自信が無い、または更新が面倒だとお考えの方に手軽な運用方法をご紹介。

かんたん その2 日頃使い慣れたツールで運用
負荷のかからないデザイン
制作を!

画像の切り抜きやフォント選びなど、デザイン制作が苦手という方にも簡単に更新できる方法があります。

かんたん その3 タッチ式のコンテンツも
かんたん制作!

お手持ちの素材データ(静止画・動画)を取り込んでテキストを入力するだけで、タッチ式のデジタルサイネージコンテンツを制作できます。