エネルギーをためる クラウド蓄電池システム

製品ラインアップ

クラウド蓄電池単体でも、太陽光発電システムやDCハイブリッドエアコンと連携しても、便利に使えます。

クラウド蓄電池単体で使用する場合、夜間の割安な電力を蓄電して昼間に使用するなど、賢く電気代を節約できます。また、太陽光発電システムと連携させれば、発電して余った電力を蓄電したり、発電量の少ない時間帯に蓄電池から供給したりと、便利さが広がります。さらに、DCハイブリッドエアコンと連携させれば、蓄電したDC電力をそのままエアコン運転に使うことができるので、通常のエアコンよりも電力のAC/DC変換ロスが少なくなり、省エネに効果的です。
  • クラウド蓄電池単体で使用
  • 太陽光発電システムと連携
  • DCハイブリッドエアコンと連携
  • 上記の説明図はイメージです。
蓄電池の電気をかしこく使う DCハイブリッドエアコン 詳しくは、こちら

■ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を目指す!
クラウド蓄電池システム、クラウドHEMSのご紹介

新しいウィンドウで開きます:ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を目指す!クラウド蓄電池システム、クラウドHEMSのご紹介

クラウド蓄電池+クラウドHEMS(別売)なら、さらに賢く便利に! 詳しくは、こちら

このページのTOPへ

シャープならではの「見守り」と「長期保証」で、安心を提供します。

あなたの代わりにシステムを見守る「蓄電池Webモニタリングサービス」
「蓄電池Webモニタリングサービス」で、インターネットを通じて、クラウド蓄電池システムにてエラーが発生していないかシャープがしっかり見守ります。万一、不具合が発生した場合も、すぐに発見・対応するので安心です。
イメージ画像:WEBモニタリングサービス
  • シャープエンジニアリング株式会社にて「蓄電池Webモニタリングサービス」の通信設定および接続サービスの代行業務を行っております(有償)。詳しくは、販売店へご確認ください。また、シャープエンジニアリング株式会社の通信設定代行業務には、ネットワーク工事費は含まれておりません。
  • 蓄電池Webモニタリングサービスのご利用には別途お申し込みが必要です。また、お申し込みに際しては、蓄電池システム15年保証(有償)、または10年保証(無償)に加入することが条件となります。サービス提供期間は「15年保証(有償)」は15年間、「10年保証(無償)」は10年間となります。
  • 「ソーラーWebモニタリングサービス」のように専用Webページでの動作状況確認や、診断レポート提供などのサービスはございません。
充実のシステム構成機器保証
安心の長期保証:15年(有償)/10年(無償)
システム設置時に、15年保証(有償)、または従来の10年保証(無償)のどちらかを選ぶことができます。
●お引渡し日から1ヶ月以内にお申込み下さい。
●15年保証への途中加入はできません。
選べる機器保証
イメージ図:15年保証の保証期間
15年保証(有償)
システム構成機器保証※1:保証対象機器…●蓄電池本体:JH-WB1621(4.2kWh)/WB1622(8.4kWh)* ●ハイブリッドパワーコンディショナ ●電力モニタ ●ケーブル ●電力センサー ●RPRセンサー
  • JH‐WB1201/WB1202/WB1401/WB1402/WB1503は対象外です。
容量保証:保証値…充電可能容量(定格容量の60%)/お引渡し日から15年 15年保証料金表:形名…SZWBS01/蓄電池容量…4.2kWh/料金…30,000円+税 形名…SZWBS02/蓄電池容量…8.4kWh/料金…50,000円+税
10年保証(無償)
システム構成機器保証※1:保証対象機器…●蓄電池本体 ●ハイブリッドパワーコンディショナ ●電力モニタ ●ケーブル ●電力センサー ●RPRセンサー 容量保証:保証値…充電可能容量(定格容量の60%)/お引渡し日から10年
適用条件
  •  
    10年/15年保証の適用について、販売店で所定手続きを完了していただく必要があります。また電気工事、蓄電池の設置工事は、当社所定の工事研修修了者(電気工事施工者ID保有者)による当社指定方法での施工が必要となります。更に申込み時に当社で設置状況を審査した上でご加入いただきます。
  • ※1
    対応事象:システム構成機器が故障した場合。クラウド蓄電池の充電可能容量が保証値を下回った場合。当社基準に沿った設置工事が原因でシステムが故障した場合。以上の場合に保証書記載の保証条件に従い対応します。お客様の故意または過失による故障は対象外となります。
  • ※2
    保証期間内におけるシステム構成機器の充電可能容量の確認に伴う費用はお客様負担となります。ただし、充電可能容量の確認の結果、お客様がシステム構成機器を弊社が発行する取扱説明書、システム構成機器本体貼り付けラベルなどの注意書きに従って正常に使用したにもかかわらず、充電可能容量が保証値を下回っていた場合、当該費用は当社が負担いたします。

このページのTOPへ

太陽光発電+蓄電池で、電気を有効に使えます。

平常時 蓄電池をかしこく使って、平常時の節電に。

売電しながら節約、家計をサポート「経済性モード」(自動/時刻指定)
太陽光発電で余った電力は売電し、夜間の割安な電力を蓄電。ためた電力は、発電量が少ない朝夕などの時間帯に使用できるので、割高な電力の購入を抑えることができます。
「自動」設定…深夜時間帯以外で、買電中に自動放電。/「時刻指定」設定…深夜時間帯外の買電中で、放電開始時刻をお好みで設定。  シャープのシステムなら、売電が始まると放電を停止するため、ダブル発電になりません。余剰電力買取価格は、太陽光発電のみの場合と同じ! 「経済性モード」による電力活用のイメージ図
  • 本システムは商用電源と連系しているため、家電製品のご使用状況によっては買電が必要となる場合があります。また、売電中には蓄電池から放電されません。買電量が少ない(0.1kW未満)場合は、放電されない場合があります。JH-WB1201は、100Vの電気製品の消費電力が特定のブレーカーに集中している場合、蓄電池システムからの出力が少なくなる場合が有ります。詳しくはご販売店にご相談ください。
エネルギーの自給自足を目指し、環境に配慮「クリーンモード」
昼間、太陽光発電で余った電力を蓄電し、発電量が少ない時間帯などに使用。太陽光でつくるクリーンな電力をより多く使うことができ、電力の購入も抑えることができます。
「クリーンモード」による電力活用のイメージ図
  • 蓄電・自家消費を優先し、さらに余った電力は売電します。
  • クリーンモードを選択中でも、「夜間充電あり」を選択すれば、夜間の割安な電力で充電します(JH-RWL6を除く)。
充電を優先し、非常時に備える「充電モード」
蓄電池への充電を優先的に行います。蓄電池残量が少ない場合や、非常時に備えて、蓄電池残量を増やす場合に使用します。充電完了後、待機状態となり、24時間経過すると、経済性モード(自動)に移行します。

このページのTOPへ

日中はつくった電気を、夜は蓄えた電気を使用します。

太陽光発電システムで発電しながら、余った電力を蓄電します。夜は蓄電池から電力供給を行い、テレビや照明など接続した機器を一定時間使用することができます。

■機器使用時間の一日の使用パターン例(満充電時) 3日間以上*1使用可能……4.2kWhなら冷蔵庫*2 24時間/日、テレビ3時間/日、照明5時間/日、スマートフォン充電1台*3/日  さらに、8.4kWhなら電気ケトル3回*4/日、炊飯器1回*5/日、扇風機6時間/日、スマートフォン充電3台*3/日も同時に使用可能

  • *1
    太陽光発電(約4.2kW)とセットで使用した場合のシミュレーションより算出。
  • *2
    定格容量積400Lクラス、インバーター制御冷蔵庫。
  • *3
    1台あたり約2時間半充電。
  • *4
    1回あたり約800mlを約4分で沸騰。
  • *5
    1回あたり約1時間で炊飯。
  • 本商品では停電時用に備えておく容量を、任意(10%ごと)に設定できます。
  • 停電時に使用できる機器はあらかじめ専用配線に接続しておく必要があります。専用配線は、平常時・停電時ともに最大1,500W まで使えます。(上記例の機器はすべて同時に使えるものではありません。)
  • 停電時はモーターで作動する機器(掃除機、冷蔵庫、エアコン、洗濯機など)や運転開始時に大きな電流が流れる機器、アースを必要とする機器(温水便座など)は使用できない場合があります。
  • 停電時に使用できる機器の動作時間については、各製品のカタログ値などを基に計算したものであり、動作を保証するものではありません。特に周囲温度によって消費電力が変わる機器(冷蔵庫など)では、使用可能時間が短くなることがあります。また、同時に使用できる機器は、各機器の仕様や使用状況などによって異なり、消費電力の合計が1,500W以下でも動作しない場合があります。

このページのTOPへ

補助金を受けるお客様へ

一般社団法人環境共創イニシアチブ
●平成27年度補正予算「住宅省エネリノベーション促進事業費補助金」
●平成28年度「住宅・ビルの革新的エネルギー技術導入促進事業費補助金
 (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)」
を受けるお客様へのお知らせ
1.補助金の詳細について
SIIのHPをご確認ください。
平成27年度補正予算「住宅省エネリノベーション促進事業費補助金」
平成28年度「住宅・ビルの革新的エネルギー技術導入促進事業費補助金」
  • 補助対象製品は、SIIのHP(登録製品一覧)をご確認ください。
  • 当社蓄電池システムは、対象機器を組み合わせた『システム代表品番』をパッケージ型番としてSIIに機器登録しております。
    SIIへの提出書類に記載する型番(パッケージ型番)は、必ず『システム代表品番』をご記入ください。
2.保有期間について
補助金の支給を受けて本製品をご購入されたお客様は、法定耐用年数(6年間)の期間、
適正な管理・運用を図る必要があります。
3.修理について
本製品をご購入後6年間は故障内容により無償又は有償の修理を行います。
4.廃棄について
取り外しやリサイクルの際は、お客様相談室にご相談ください。

このページのTOPへ

クラウド蓄電池 製品ラインアップ
太陽光発電と蓄電池を一台で制御できる ハイブリッドパワーコンディショナ 詳しくは、こちら

クラウドHEMS(別売)とセットで使用すると、さらに賢く蓄電池を使えます。

■ 朝の天気予報に合わせて、クラウド蓄電池の放電を自動制御
■ 電気代が目標値に収まるように、節電応援アドバイス
■ 外出先からスマートフォンで、エアコン・エコキュートを操作できる
■ 家中の使用電力を、スマートフォンで手軽にチェック

クラウドHEMSページへ
  • 画面はイメージです。
  • 接続機器等の初期設定が必要です。
  • クラウド蓄電池は、マルチエネルギーモニタJH-RWL7W/RWL6Wとの連携が必要です。
  • クラウド蓄電池の放電制御は、マルチエネルギーモニタに設定されている放電開始時刻に従います。
  • エアコンは、ECHONET Lite通信機能(物理層:LAN/WiFi)を搭載した特定機種に対応します。
    以下のシャープ製エアコンについて、動作を確認済みです。(2015年12月現在)接続確認済み機種一覧はこちら
    ・2014年度エアコン全機種(家電ワイヤレスアダプターHW-CA1が別途必要です)
    ・2015年度エアコン全機種(家電ワイヤレスアダプターHW-A01AYが別途必要です)
    ・2016年度エアコン全機種(家電ワイヤレスアダプターHW-A01AYが別途必要です)
    ・DCハイブリッドエアコンD-J2シリーズ(家電ワイヤレスアダプター同梱)
    【ご注意】家電ワイヤレスアダプターは、お客様ご自身での設置はできません。設置工事につきましては、販売店にご相談ください。
  • スマートフォンでのお湯張りには、シャープのエコキュートとの接続が必要です。
  • クラウドHEMSが提供している各種サービスは、バージョンアップ等により、その内容が変わる場合があります。
  • 常時接続のインターネット環境(ブロードバンドルーターなど)が必要です。接続確認済み機種一覧はこちら
  • インターネット接続が可能なスマートフォンが必要です。接続確認済み機種一覧はこちら
  • シャープの会員サイト「SHARP i CLUB」への会員登録が必要です。
  • ご利用中に設定した情報や、測定した家電の消費電力量、太陽電池システムの発電電力量等情報を提供することに同意して頂く必要があります。
  • 別売の流量データ送信機(JH-AHC01)※3との連携により、水道・ガスの使用量を確認できます。
  • ※1
    河村電器産業株式会社製のEcoEyeに対応しています。
  • ※2
    別売のタップが必要な場合があります。
  • ※3
    設置の際は、事前にガス会社、水道局への確認、及び取り付け工事が必要です。【新築時の取り付け】対応するガスメーターと水道メーター/流量計の取り付けが必要です。【既築への取り付け】別途、都市ガス用はパルス発信機付ガスメーターへの取り換え費用が発生する場合があります。また、対応する水道メーター/流量計の取り付け工事費用が必要です。

このページのTOPへ