世界中で幅広く活躍/さまざまな環境・用途で、シャープ太陽光発電が貢献しています。

宇宙や砂漠など、過酷な環境でも稼働

国内で唯一、JAXA※1に認定された太陽電池メーカー
170基以上※2の人工衛星に搭載 陸域観測技術衛星2号「だいち2号」/写真提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
1976年の実用衛星「うめ」以降、170基以上※2の人工衛星に搭載されてきました。シャープはJAXAの認定を受けた国内唯一の太陽電池メーカーです。
1976年日本初の実用衛星「うめ」に採用
1997年技術試験衛星Ⅶ型「きく7号」に搭載
2003年観測衛星フリーフライヤ(SFU)に宇宙用太陽電池を搭載
2014年陸域観測技術衛星2号「だいち2号」に搭載
2015年宇宙ステーション補給機5号 「こうのとり」HTV5に搭載*
2016年X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)に搭載*
  • *
    化合物太陽電池です。
国内2,828ヶ所※3の灯台に設置。長崎県女島灯台 様/写真提供:海上保安庁
国内各地の灯台に設置
長崎県尾上島に当時世界最大225Wの灯台用太陽電池を設置するなど、国内2,828ヶ所※3の灯台の安定した電力供給に貢献しています。
イメージ画像:モンゴル砂漠地帯の独立型発電システム
砂漠地帯でも稼働するシステムを設置
過酷な環境のモンゴル砂漠地帯に安定稼働する独立型発電システムを設置しています。
  • ※1
    宇宙航空研究開発機構
  • ※2
    2016年3月現在。
  • ※3
    2016年3月現在。

このページのTOPへ

30年以上という国内最長寿命※1クラスの稼働期間

イメージ画像:奈良県壺阪寺の太陽電池モジュール
1983年に奈良県壷阪寺に照明用電源として設置された太陽電池モジュールは、30年以上稼働※2しました。
国内最長寿命※1クラスの耐久性を証明しています。
  • ※1
    現行の結晶系太陽電池モジュールの主流であるスーパーストレート型として。当社調べ。
  • ※2
    2016年3月末現在。

このページのTOPへ

住宅用からメガソーラーまで、幅広い実績

千葉県松戸市のソーラータウン〈平成11年度新エネ大賞「通産大臣賞」受賞〉※2
約76万軒※1の実績を誇る住宅用システム
国内各地の様々な住宅でシャープの太陽光発電システムが設置されています。
タイ・ロッブリ県 Natural Energy Development Co.,Ltd. 様/衛星画像提供:(c)DigitalGlobe
累計出荷量は地球約2周※3に相当
累計出荷量は11.6GW※4。モジュールに換算し、一列に並べると地球約2周※3に相当します。
国内28ヶ所
メガソーラー発電所を運営※5
ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク 様
国内外で社屋・スタジアムなど
様々なところにソーラーを設置
ドイツ・マインツ ブルッヒヴェーク スタジアム 様
  • ※1
    2016年3月現在。
  • ※2
    「通産大臣賞」は、平成12年度より「経済産業大臣賞」に名称が変わりました。
  • ※3
    ND-195CA換算。
  • ※4
    2015年12月末現在。
  • ※5
    2016年3月現在。
世界水準で認知された独自の機能評価試験規格
IEC規格※1取得に加え、シャープ独自に開発した「機能評価試験規格(QTSS※2)」の適合証をVDE※3から取得(ブラックソーラー NQ-210ADにて取得)。ブラックソーラーシリーズの品質の高さを立証しました。
  • ※1
    電気工学、電子工学および関連した技術を扱う国際的な標準化団体(IEC:International Electrotechnical Commission)が定める規格。性能・信頼性を検証する“IEC61215(ed.2)”および安全性を検証する“IEC61730-2(ed.1)”を指す。
  • ※2
    QTSS:Quality Test Standard of SHARPの略。55年以上の歴史と設置実績など膨大なデータに基づく加速性の検証の積み重ねによって開発した試験基準。IEC規格の試験より数倍~10倍程度厳しく、またIEC規格にないシャープ独自開発試験(上記)も加えた試験規格。
  • ※3
    VDE:1983年に設立されたドイツ最大の電気・電子技術協会。電気分野のドイツ国家規格の策定、安全認証・試験を実施。

このページのTOPへ

このページのTOPへ