タイトルアイコン

プラズマクラスター
うるおいチルド
キレイな空気で、
うるおいを保って新鮮、

毎日おいしいを応援。

プラズマクラスターうるおいチルド|キレイな空気で、うるおいを保って新鮮、毎日おいしいを応援。

このページは、SJ-GA55Eを中心に説明しています。

プラズマクラスター
うるおいチルドで、清潔

プラズマクラスターで
チルドルーム内の雑菌を除菌。※1※2

鮮度にデリケートな食材を保存するチルドルームは、出し入れが多く、雑菌が入り込みやすいのが悩みのタネ。そこで、気密性の高い密閉空間で無風状態を保って、プラズマクラスターを放出するイオン発生ユニットを搭載し、チルドルーム内の雑菌を抑え清潔に保ちます。

チルドルーム用プラズマクラスターイオン発生ユニット

付着菌を除菌※1※2

プラズマクラスター
イオンなし

プラズマクラスターイオンなし

プラズマクラスター
イオンあり※1

プラズマクラスターイオンあり
  • ※1付着菌除菌効果(20Lのボックス内での実験結果。実使用空間での実証結果ではありません。)【試験依頼先】(一財)石川県予防医学協会【試験成績書】第S1701071号【試験方法】20Lのボックス内に菌を塗布した寒天培地を配置し、プラズマクラスターイオン放出6日後の生菌数を測定(プラズマクラスターイオン濃度:50,000個/cm³)【対象場所】冷蔵室内 チルドルーム【試験結果】6日間で除去率99%以上。
  • ※2使用環境(庫内の食品の量・置き場所など)により、プラズマクラスターイオンの効果が異なることがあります。また、食中毒などの予防を保証するものではありません。
Column
こまめにお掃除しましょう!
汚れやすいチルドルーム

チルドルームには多くの雑菌が付着することがあります※3。こまめにお掃除をしましょう。

チルドルーム
こまめにお掃除しましょう!汚れやすいチルドルーム
こまめにお掃除しましょう!汚れやすいチルドルーム写真は一例です。
  • ※3一般家庭用冷蔵庫のチルドルームを拭き取った10検体から10~260,000個の雑菌が検出された。【試験依頼先】イカリ消毒株式会社【検査報告書No.】微G:1715910【試験方法】冷蔵庫チルドルームの壁および床面(合計100cm² )を滅菌綿棒で拭き取り、10mlの滅菌リン酸緩衝生理食塩水にてよく懸濁した後、得られた試料液を用いて菌数検査を実施。【菌数検査】食品衛生検査指針(微生物編)に準じて、一般生菌数を標準寒天平板法(混釈培養法)にて検査。
プラズマクラスターうるおいチルドで、
鮮度長持ち

買った時のおいしさを守る。
鮮度長持ち。

ヒントはお寿司屋さんの「ネタケース」。無風状態を保って、プラズマクラスターイオンを放出するユニットと冷気の侵入を抑える高密閉構造で、鮮度とうるおいを保持しながら、さらに乾燥を防ぐことで、味の変化※4まで抑えます。

お寿司屋さんの「ネタケース」と同じ原理で冷やす

【ハムの塩味】3日保存後の塩味の変化※4

【ハムの塩味】3日保存後の塩味の変化

プラズマクラスター
うるおいチルド※4

ハム:プラズマクラスターうるおいチルドと当社従来冷蔵室比較

うるおい保って鮮度長持ち

当社従来冷蔵室

ハム:プラズマクラスターうるおいチルドと当社従来冷蔵室比較

端が乾燥して固い

【マグロの酸味】3日保存後の酸味の変化※4

【マグロの酸味】3日保存後の酸味の変化

プラズマクラスター
うるおいチルド※4

マグロ:プラズマクラスターうるおいチルドと当社従来冷蔵室比較

色鮮やかでみずみずしい

当社従来冷蔵室

マグロ:プラズマクラスターうるおいチルドと当社従来冷蔵室比較

乾燥、変色がみられる

アジのK値※5(保存3日後)

【アジのK値】3日保存後グラフ

エビのK値※5(保存3日後)

【エビのK値】3日保存後グラフ
プラズマクラスター
うるおいチルドで、上手に解凍

冷凍した食材も、
おいしさ逃さず上手に解凍。

新鮮なまま冷凍した食材のうま味成分(ドリップ)を逃さず、おいしく上手に解凍します。菌の繁殖も抑えて清潔なまま保存します。

  • ※72017年度機種SJ-GX55D「チルドルーム」(新製品 SJ-GA55Eと同等)に冷凍された食材を投入、ラップ無し、ドア開閉無しで8時間解凍。50mm厚の肉500gの場合。食品の種類や状態、使用環境などにより効果は異なります。

プラズマクラスターうるおいチルド※7

冷凍食材(肉):プラズマクラスターうるおいチルドと当社従来冷蔵室比較

サクッと切れて調理しやすい!

  • 商品の色は実際の色と異なる場合があります。また、照明や見る角度により、色のイメージは微妙に異なります。お求めの際は、店頭でお確かめください。
  • 庫内の明るさについては、中を見やすくするために明るくしていますが、実際の庫内照明の明るさとは異なります。
  • 写真・イラストはイメージです。
  • ※42017年度機種SJ-GX55D「チルドルーム」(新製品 SJ-GA55Eと同等)と当社2015年度機種SJ-PF47B(冷蔵室)との比較。ラップ無しで3日間保存。外気温30℃。【分析依頼先】株式会社 味香り戦略研究所【味分析No.】7828 分析値は食材によって異なり、また生鮮食品は個体差、季節、食材の量などによって異なります。
  • ※5K値とは、魚肉の生鮮度を表す指標で、%値が低いほど鮮度が良いことを示しています。
  • ※62012年度機種SJ-GF50X(新製品 SJ-GA55Eと同等)のチルドルームと冷蔵室保存とのK値比較試験にて算出。ラップで包装、ドア開閉なしで3日間保存。【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター【 試験成績書】第12068939号 食品の種類や状態などにより効果は異なります。
MENU
ページTOPへ戻る