ご購入前ご相談窓口

Webでお問い合わせ/お見積依頼/資料請求

オフィスソリューション

リアルタイムな情報共有を実現したい。

オフィスにいながら現場とのリアルタイム情報共有と
迅速な対応が可能となる仕組みを構築する。

インフォメーションディスプレイ+e-Signage

オフィスと現場とのコミュニケーションは非常に限られたものになりがちですが、とくに、運送・物流業界、大規模ショッピングモール、アミューズメント施設など、オフィスで働く管理、経理、人事、経営企画などのコーポレートスタッフが現場の情報をリアルタイムに把握することで、業務効率の向上やサービス向上が実現できるのではと、現場との情報共有の仕組みを模索する企業が数多くあります。さらに突発的なアクシデントに素早く対応できれば、アクシデントの業務への影響も最小限に抑えることができるはずです。

こうした状況を解決するのが、シャープのインフォメーションディスプレイによるオフィスサイネージです。オフィスにインフォメーションディスプレイを設置し、現場の映像や現場稼働の様子を表すさまざまなデータを表示することで、オフィスにいながら現場の状況をリアルタイムで把握することが可能となります。ショッピングモールやアミューズメント施設では、場内の状況に応じた人員のシフトを素早く実行できますし、物流企業では渋滞への対応や急な集荷依頼などの手配なども素早くできるようになり、業務の効率化がはかれ顧客満足度の向上に大きく貢献します。またe-Signageを活用すれば、ニュースや各種情報コンテンツのスケジュール配信も可能となり、幅広い情報共有ツールとして機能します。

課題

  • 1. 現場の状況をリアルタイムで把握したい。
  • 2. オフィススタッフの現場意識を高めたい。
  • 3. 現場対応のスピードアップをはかりたい。

解決のポイント

たとえば100万m2を超える敷地でアミューズメント施設を展開する企業。オフィス棟では経理、人事、宣伝、経営企画などのコーポレートスタッフが業務を行っていますが、各部門のスタッフがリアルタムに入場者数などを把握することで、イベント企画やサービス向上に繋げていくことができるのでは、と場内の情報共有の具体的の仕組みの構築を模索していました。夏休みやゴールデンウイークなどの繁忙期にはスタッフも現場のヘルプ要員として場内の業務に就くからです。

こうした状況に対応すべく導入されたのがSHARPのインフォメーションディスプレイ。オフィス中央のフリースペースに12台のインフォメーションディスプレイを宙づりにし、オフィスのどこからでも情報が確認できるよう配置しました。入場ゲートの混雑具合を画面から確認できるので、オフィススタッフも事前にヘルプに入る準備ができるようになり、現場へも迅速に向かうことができ、お客さまの満足度も大きく向上しました。今後は表示できるエリアを拡大していくだけでなく、e-Signageによりニュースや各種情報コンテンツをオフィスに配信していく計画です。

導入後に出来ること

  • 現場の様子を知るには無線などに頼る方法しかなかった
  • 現場の様子をリアルタイムで把握したい
  • インフォメーションディスプレイならひと目で現場の状況が視認できる
  • 今後はニュースなどのコンテンツ配信を行って
  • オフィス内で情報共有を行い、業務の効率化をはかりたい

参考となる活用事例

  • 東邦ガス株式会社さま

    電気・ガス

    導入後の効果

    3台のディスプレイを組み合わせて大画面を構築、中央監視室での監視業務の強化と効率化を実現。

  • ハウステンボス株式会社さま

    テーマパーク

    導入後の効果

    正面・上下・左右を計156面のディスプレイで囲む5面キューブシステム、まったく新しいアトラクション「5Dミラクルツアー」で感動体験!

  • アルプス運輸建設株式会社さま

    運送

    導入後の効果

    全車両の走行・作業状況をリアルタイムに把握、安全運転と運行管理の効率化に大きく貢献。

  • 株式会社 フォーバルさま

    卸売

    導入後の効果

    SFA(営業支援システム)の中核に大画面タッチパネル、チームワークが向上し訪問効率や成約率がアップ。