Now Loading...

What is 8K?

8Kは、現在放送されているハイビジョン番組の
16倍もの解像度を持つ、
超高精細な次世代の映像規格です。

8Kの超精密な映像は、どれほど画面に近づいても液晶のドットがわからないほどで、
眼前に映し出されている映像が、本当の現実世界であると認識してしまうほどのリアリズムを体験できます。
また、8Kは映像・放送分野だけでなく、教育・学術分野などでの活用も想定されているほか、
医療分野やセキュリティー分野への応用などにも広がりをみせています。

目には映らない「何か」も感じることができる
未来の液晶技術8K

WEB プロモーションムービー

超高精細な次世代液晶「8K」。今まで映すことができなかった映像の細部、さらに立体感や空気感さえも映し出す…。
8K映像は、もう「美しさ」という単位では語れない。それ以上の、目には映らない「何か」も感じることができる未来の液晶技術。
そんな「8K映像が伝えるべきもの」をテーマにしたストーリー。
※リアル=高精細が生み出す美しさ、迫力

動画をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
今までの映像とは次元の異なる映像体験をあなたに

8Kはここでみられる!

映像の中なのに立体感や奥行きを感じ、画面の中に入り込むような没入感、
まるで現実の中にいるような鮮やかで豊かな色彩表現をご覧いただけます。

Line up

業界初。※1 8K対応※2液晶テレビ
70V型 AQUOS 8K

※1 2017年12月発売予定。8K映像の表示が可能な画素数7,680×4,320の液晶パネルを搭載し、8K映像の入力が可能なHDMI入力端子を搭載した民生用液晶テレビとして。
※2 7,680×4,320画素液晶パネル搭載。地上・BS・110度CSデジタル放送チューナーを搭載しますが、BS・110度CSによる4K・8K放送を受信する機能は搭載しておりません。
LC-70X500:画像

LC-70X500

「CEATEC AWARD 2017 部門賞」
ホーム&ライフスタイル・イノベーション部門
グランプリ 受賞

8Kの圧倒的なリアリズム

  • 臨場感
  • 実物感
  • 立体感

フルハイビジョンの16倍、約3,318万画素の高解像度で、
4K解像度では表現できなかった究極のリアリズムを追求し、
肉眼では捉えきれないきめ細やかな映像を再現します。
実物が目の前にあるような「臨場感」や「実物感」、物体の奥行や膨らみなどの
「立体感」をリアルに感じることができます。

ついに解禁された
8K製品

  • LV-70002:画像

    業界初※1の70型8K映像モニター。
    超高精細・高コントラスト・広色域が実現

    • ※1 2017年4月12日現在。(当社調べ)

    8K(スーパーハイビジョン)規格に準拠し、業界で初めて※1 8K解像度でのHDR規格(HLG・PQ方式)※2 にも対応した高精細・高画質な70型8K映像モニター。フルハイビジョンの16倍の解像度を持つ8K液晶パネルを採用。8Kの高精細表示に加え、液晶テレビ『AQUOS』で培った高輝度・広色域技術などにより、圧倒的な迫力の高画質映像を実現します。

    • ※2 映像信号を分析して輝き成分を抽出・拡張表示し、映像のコントラスト感を高める技術。HDR:ハイダイナミックレンジの略。(HLG:Hybrid Log-Gamma、PQ:Perceptual Quantizer)
  • TU-SH1050:画像

    8K(スーパーハイビジョン)試験放送※3 対応
    高度広帯域衛星デジタル放送受信機

    2016年8月に始まった8K試験放送を受信可能。 8K映像モニターと接続すれば、フルハイビジョン画質の16倍の解像度の、超高精細な映像を表示できます。また、三次元音響空間を実現する22.2ch音声出力にも対応しています。

    • ※3 当受信機はBS17chで放送される試験放送のみ視聴可能です。

8K解像度の映像美、
AQUOS 4K NEXT。

※水平7.680×垂直4,320画素の解像度チャート(静止画)による当社で定める輝度信号の解像度評価において。
8K液晶パネルを使用した製品ではありません。また、8K映像(動画)の外部入力や8K放送の受信には対応しておりません。
  • AQUOS NAVI
  • AQUOS寄席
ページトップ