Now Loading...

いますぐ8K相当の高画質を体験できる次世代4K
それがシャープの4K NEXT

8K時代を牽引するシャープ。
高度な技術開発の中で生まれたテクノロジーが、AQUOS 4K NEXTに活かされています。

4K NEXT:イメージ画像
  • 8Kを実現したシャープだからこそできる、4Kを超えた8K相当の解像度。

    4K NEXTに搭載された8K相当画質は、最高峰の8K映像を作り上げたシャープだからこそできる4K映像です。臨場感を高め、細部のディテールまで明瞭に表示できる、まさにワンランク上の4Kが体感できます。

  • パネルメーカーとして長年培ってきた液晶技術が生み出す大画面と高画質。

    液晶パネルメーカーとして、製品設計から製造まで全て自社で対応できるからこその高品質な大画面液晶。パネル特性にあった最適な映像処理によって、臨場感や立体感はもちろん、その場の空気感さえも伝えます。

  • 最高峰の8K映像を受け継ぐ、自然界を網羅する光と色の映像表現。

    8Kの映像は、色表現や光と影の階調性など、現行のハイビジョン規格を大幅に上回っています。8Kを作れるシャープだからこそ、その最高峰の映像から受け継がれた技術と絵作りが4K NEXTに活かされています。

いずれではなく、
いま選ぶべき4Kテレビ

4K、4Kって言うけど、まだ早いんじゃない?
そんな不安を持っている人に、
いま4Kを選ぶ理由をご説明します。

  • そもそも4Kって、今のテレビとそんなに違うの?

    現在のフルハイビジョン(FHD)映像は、1,920×1,080ピクセルの約207万画素ですが、4K映像は3,840×2,160ピクセルの約829万画素で、4倍の画素数になっています。高精細な映像なので、細部もくっきりして、フルハイビジョンに比べて圧倒的に美しい映像を楽しめます。明暗のコントラストや、色の再現性も大幅に向上していて、圧倒的な高画質で楽しめます。

  • いまの放送がフルハイビジョンなら、4Kテレビはまだ不要なのでは?

    現在のデジタル放送やブルーレイソフトなどのフルハイビジョン映像も、4Kテレビならアップコンバートによって4K相当にして表示できます。もとの映像が4K解像度に満たなくても、それを4K画質並に変換して、高精細表示できます。4K放送が始まる前でも、今すぐに4K相当の高精細映像を堪能できるのです。

  • 4Kにはどんなコンテンツがあるの?

    4Kの実用放送は2018年からですが、現在すでにネット配信の映像サービスでは4K映像の配信が始まっています。NetflixやdTV、amazonビデオなど、さまざまな媒体で4K映像を楽しめます。また4Kブルーレイと呼ばれている「Ultra HD Blu-ray(UHD BD)」の映画タイトルも続々と発売されています。

    4Kコンテンツ:イメージ画像
  • 今売っている4Kテレビでは、将来の4K放送が見られない?

    現在でもネット配信などで4K映像は楽しめますが、放送に関しては2018年から始まる4K・8K実用放送は、現在の方式とは異なるため、新たに新方式に対応したアンテナとチューナーが必要になります。現在発売されているAQUOS 4Kなら、アンテナとチューナー環境を整えれば、新方式の4K・8K放送もすぐに楽しめるようになります。今すぐならネット配信などで、将来も安心して楽しめます。

    AQUOS 4K + アンテナ・チューナー = 2018年以降も安心
  • もうつぎは8Kになるんでしょ?

    2018年から始まる8Kの放送はまだNHKだけで、コンテンツが豊富なのは4Kです。8Kの映像は最高峰と言ってよいものですが、価格もまだまだ高く、ハイエンドユーザー向けです。4Kならコンテンツも豊富で、価格も充実しています。しかもシャープなら、豊富なコンテンツを8K並みの高画質で楽しめる4K NEXTがあります。

8KのシャープだからこそできるAQUOS 4K NEXTが選ばれる理由

  • 理由14Kを超えた8K相当画質

    8Kの画質を熟知するからできるシャープの独自技術

    4K NEXTには4Kパネルながら、8K相当の解像度を実現する技術が搭載されています。通常、液晶の画素はR(赤)、G(緑)、B(青)の3原色で構成されています。その中で人の目は輝度を認識しやすい緑によって、それらを1つの画素として認識します。シャープはこれに輝度の認識しやすいY(黄)を加えて、RGBYの並びで画素を構成しました。これによって、人の目には2つの画素が並んでいるように認識し、水平方向の解像度が2倍になります。さらに画素の上下を分割して別々に駆動させることによって、垂直方向の画素も2倍になります。これで4Kパネルながら4倍の8K相当の表示ができるようになります。

    そして入力された映像の処理を行うのが、映像エンジン「X8-MasterEngine PRO」です。4K映像だけでなく、地デジ放送もブルーレイの映像も、「超解像・8Kアップコンバート回路」によって、8Kの情報量に再構成されます。それを4原色パネルに最適化して出力することで、8K相当の高精細な映像にアップコンバートして楽しめます。8Kテレビの開発を進め、8Kの画質を熟知しているシャープだからこそできる、一歩先を行く4Kテレビの画質なのです。

    :画像
  • 理由2大幅に広がった映像表現

    HDRとリッチカラーテクノロジーによる光と色の表現力

    4K NEXTは、映像の輝度の幅を拡大するHDR(High Dynamic Range)に対応しています。これは明るさを表現する幅が広く、たとえば、従来までなら明るすぎて白飛びしてしまった太陽などの光源と、黒くつぶれてしまいがちな室内などの暗い部分、どちらもきっちりと表現できる技術です。HDRは、4K・8K放送や、4Kブルーレイと呼ばれる「Ultra HD Blu-ray Disc(UHD BD)」などで採用されており、肉眼で見ているのと同様の豊富な情報量で、映像であることを忘れリアルを感じさせます。

    またシャープの独自技術である「4原色技術」は、RGBの3原色にに黄色を加えることで、金管楽器の光沢や人間の肌など、黄色の領域に含まれる自然の色をより鮮やかに再現できるようになりました。さらに、地上デジタル放送で使用されている色域(ITU-RBT.709)を超え、自然界に存在する物体色再現を目指した広色域技術「高演色リッチカラーテクノロジー」を搭載。「4原色技術」による色域の拡大に加えて、新蛍光体を採用したLEDバックライトシステムを搭載し原色の鮮やかさを高め、シャープ従来機比約1.4倍の色再現範囲を実現し、自然界に存在する色を再現します。

    :画像
  • 理由3最高峰の映像を楽しむ大画面

    映像の迫力と最高の没入感が得られる80/70インチの大画面

    8K相当画質を実現する4K NEXTには、80インチと70インチの大画面モデルが用意されています。大画面のメリットは、視野角いっぱいに画面が見えることで、迫力のある本物と見紛うような臨場感を体験できます。これは8K相当画質によって通常の4Kよりも高精細な映像が表示できるからこその大画面が実現できます。大画面ならではの迫力と没入感で驚異的な臨場感を楽しめます。

    :画像
  • 理由4「映像+サウンド」でリアルな臨場感

    「AROUND SPEAKER SYSTEM」による包み込む臨場感

    人が映像を見て、そのイメージを実体験として感じ取るには、映像だけでは不十分です。高精細な映像をもっと現実の体験に近づけるには、人が自然界で暮らしているときに聞いているような視聴環境が得られるような広がりのあるサウンドが求められます。シャープが開発した「AROUND SPEAKER SYSTEM」は、テレビの正面から外れても幅広い位置でステレオ感が楽しめ、豊かな低音によるサウンドで、まさに映像の中にいるかのような臨場感が得られます。

    :画像

AQUOS 4K NEXTはこんな方にオススメ!

8K解像度の映像美、AQUOS 4K NEXT。

※水平7,680×垂直4,320画素の解像度チャート(静止画)による当社で定める輝度信号の解像度評価において。
8K液晶パネルを使用した製品ではありません。また、8K映像(動画)の外部入力や8K放送の受信には対応しておりません。
  • LC-70XG35:画像

    超高精細な8K画質の映像と
    サウンドの一体感で臨場感に包まれたい

    そんなあなたにオススメの
    AQUOS 4K NEXTは...

    LC-70XG35

    • 映像を音で包み込み臨場感をさらに拡げる「AROUND SPEAKER SYSTEM」

    • 4K映像やフルHD放送を8K映像情報に解像度変換「X8-Master Engine PRO」

    • 自然でありのままの色再現力「高演色リッチカラーテクノロジー」

  • LC-80XU30:画像

    迫力の80インチの大型液晶で
    8K画質の高精細映像に没入したい

    そんなあなたにオススメの
    AQUOS 4K NEXTは...

    LC-80XU30

    • 4K映像やフルHD放送を8K映像情報に解像度変換「X8-Master Engine PRO」

    • 自然でありのままの色再現力「高演色リッチカラーテクノロジー」

    • 輝き復元による高い明暗の表現力「UV2A技術×メガコントラスト

    ※ メガ(MEGA):Master Engine Gain Analyzerの略。

AQUOS 4Kはこんな方にオススメ!

低反射4K液晶パネルと回転式スタンドで、
リビングでの設置がより自由に。New デザイン AQUOS 4K。

  • LC-80XU30:画像

    映像に集中できる高精細液晶と
    クリアサウンドで4K映像を堪能したい

    そんなあなたにオススメの
    AQUOS 4Kは...

    LC-60US45

    • 鮮やかな発色でも底反射黒の表現力をもつ「N-Blackパネル」

    • 音声を前方に導く2.1ch「フロントオープンサウンドシステム」

    • 視聴位置に合わせて画面角度を左右に調整「スイーベル(回転式)スタンド」

  • LC-80XU30:画像

    画質の良さと便利な機能を豊富に搭載
    コストパフォーマンスを重視したい

    そんなあなたにオススメの
    AQUOS 4Kは...

    LC-55U45

    • 色彩豊かでリアルな表現力「リッチカラーテクノロジー」

    • 画素の粗さが気にならず、照明などの映り込みを削減「高精細4K低反射パネル採用」

    • 視聴位置に合わせて画面角度を左右に調整「スイーベル(回転式)スタンド」

8K pick up

Line up

業界初。※1 8K対応※2液晶テレビ
70V型 AQUOS 8K

※1 2017年12月発売予定。8K映像の表示が可能な画素数7,680×4,320の液晶パネルを搭載し、8K映像の入力が可能なHDMI入力端子を搭載した民生用液晶テレビとして。
※2 7,680×4,320画素液晶パネル搭載。地上・BS・110度CSデジタル放送チューナーを搭載しますが、BS・110度CSによる4K・8K放送を受信する機能は搭載しておりません。
LC-70X500:画像

LC-70X500

「CEATEC AWARD 2017 部門賞」
ホーム&ライフスタイル・イノベーション部門
グランプリ 受賞

8Kの圧倒的なリアリズム

  • 臨場感
  • 実物感
  • 立体感

フルハイビジョンの16倍、約3,318万画素の高解像度で、
4K解像度では表現できなかった究極のリアリズムを追求し、
肉眼では捉えきれないきめ細やかな映像を再現します。
実物が目の前にあるような「臨場感」や「実物感」、物体の奥行や膨らみなどの
「立体感」をリアルに感じることができます。

ついに解禁された
8K製品

  • LV-70002:画像

    業界初※1の70型8K映像モニター。
    超高精細・高コントラスト・広色域が実現

    • ※1 2017年4月12日現在。(当社調べ)

    8K(スーパーハイビジョン)規格に準拠し、業界で初めて※1 8K解像度でのHDR規格(HLG・PQ方式)※2 にも対応した高精細・高画質な70型8K映像モニター。フルハイビジョンの16倍の解像度を持つ8K液晶パネルを採用。8Kの高精細表示に加え、液晶テレビ『AQUOS』で培った高輝度・広色域技術などにより、圧倒的な迫力の高画質映像を実現します。

    • ※2 映像信号を分析して輝き成分を抽出・拡張表示し、映像のコントラスト感を高める技術。HDR:ハイダイナミックレンジの略。(HLG:Hybrid Log-Gamma、PQ:Perceptual Quantizer)
  • TU-SH1050:画像

    8K(スーパーハイビジョン)試験放送※3 対応
    高度広帯域衛星デジタル放送受信機

    2016年8月に始まった8K試験放送を受信可能。 8K映像モニターと接続すれば、フルハイビジョン画質の16倍の解像度の、超高精細な映像を表示できます。また、三次元音響空間を実現する22.2ch音声出力にも対応しています。

    • ※3 当受信機はBS17chで放送される試験放送のみ視聴可能です。
ページトップ