研究・開発の歴史/1959年以来、実績を積み重ねることで、技術と品質を培ってきました。

無限にある太陽光で電気を起こすことを考えれば、人類にどれだけ寄与するかは、はかりしれない。…創業者 早川徳次/この言葉をきっかけに、シャープが太陽光発電の開発を始めてから50年以上。実績を積み重ねることで培われた技術と確かな品質は、日本中、世界中で認められています。
1959
太陽電池の開発に着手
1960
画像:太陽電池付トランジスタラジオ 太陽電池付トランジスタラジオの試作に成功、
62年発売
1963
画像:太陽電池 太陽電池の量産化にいち早く成功

横浜港鶴見航路のブイ(灯浮標)に
世界初の太陽電池を納入
1966
画像:長崎県尾上島 灯台用太陽電池/写真提供:海上保安庁様 長崎県尾上島に当時世界最大225Wの
灯台用太陽電池を設置
1967
宇宙用太陽電池の開発に着手
1976
画像:太陽電池付電卓 世界初の太陽電池付電卓を発売
  • 1976年12月。当社調べ。
画像:実用衛星「うめ」 シャープの太陽電池を搭載した
実用衛星「うめ」打ち上げに成功
1981
画像:新庄工場 新庄工場(現在の葛城工場)稼動
1983
画像:壷阪寺の照明用電源 ロールツウロール方式による
2層積層型の太陽電池を生産

壷阪寺に照明用電源として設置
1988
大分県海洋牧場システムに太陽電池を採用

アモルファスシリコン太陽電池のセル変換効率11.5%を達成
1992
多結晶太陽電池で世界最高のセル変換効率17.1%を達成

量産可能な単結晶太陽電池で世界最高のセル変換効率22%を達成
1994
住宅用太陽光発電システム(系統連系)を商品化
1997
画像:技術試験衛星Ⅶ型「きく7号」 技術試験衛星Ⅶ型「きく7号」に搭載
1998
世界初の融雪機能付の国内最大級200kWシステム
1999
新エネルギー大賞・通商産業大臣賞を受賞
2000
業界初! 設置の自由度を上げるマルチパワーコンディショナ商品化

太陽電池生産量が世界一に
2001
住宅用で寄棟屋根対応システムを商品化

米国、そしてEUで、太陽電池モジュール海外安全規格を取得
2002
業界初の「ストリングパワーコンディショナ」を開発
2003
画像:モンゴル砂漠地帯の独立型発電システム モンゴルに砂漠地帯でも安定稼働する
独立型発電システム設置

太陽電池モジュール 米国生産を開始

観測衛星フリーフライヤ(SFU)に
宇宙用太陽電池を搭載

欧州での太陽電池モジュールの生産を開始

業界最小面積で3kWシステムが設置可能な
太陽電池モジュールを発売
2004
全米企業最大の太陽電池を物流飛行場へ

太陽電池とLEDの融合による光る太陽電池発表

“ソーラーアカデミー”を開始
2005
採光でき、窓などに使える建材としての太陽電池を開発

薄膜太陽電池モジュールの量産を開始

タンデム型薄膜太陽電池の量産開始

ソーラーアカデミー活動がエネルギー環境教育情報センター「運営委員長奨励賞」を受賞

第14回「地球環境大賞」経済産業大臣賞
2006
画像:葛城工場 葛城工場、太陽電池の年間生産能力を、
当時世界最大の600MWに拡大

太陽光発電用高効率パワーコンディショナ発売

亀山工場で、世界最先端の環境配慮型工場を実現
2007
富山事業所で太陽電池用シリコンの生産を開始

トリプル型薄膜太陽電池の量産技術の開発に成功

「21世紀型コンビナート」の起工式を実施

第4回エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞

欧州での太陽電池モジュールの生産能力を220MWに拡大

シャープの太陽光発電事業への取り組みが「eco japan cup 2007」の“ 環境ビジネスアワード”を受賞
2008
世界で初めて太陽電池生産量累計2GWを達成

淀屋橋再開発ビルにLED内蔵薄膜太陽電池“ルミウォール”を設置

TFT液晶の薄膜技術を水平展開、年間1GW規模の生産能力を実現

多結晶太陽電池モジュールで業界No.1※1の変換効率14.4%を実現

「ソーラー・LED照明灯」と「ワンセグチューナーモジュールとワンセグ携帯電話群」が
新聞社2大製品賞を受賞
2009
画像:ソーラーカーレース 業界で初めて、住宅での稼働状況を見守る
「Webモニタリングサービス」を開始
  • 国内住宅用太陽光発電システムとして、業界初の
    ブロードバンド通信機能を搭載(2009年4月開始)。
業界最薄レベルの厚さ0.8mm
携帯機器用ソーラーモジュールを開発、発売

世界最大級のソーラーカーレースで
東海大学チームが優勝

第2世代薄膜太陽電池モジュールが
2大新聞社新製品賞を受賞
2010
新しいウィンドウで開きます:『IEEEマイルストーン』に認定 グリーンフロント 堺 太陽電池工場が稼動を開始

シャープの太陽電池の商業化および産業化が
『IEEEマイルストーン』に認定

英国の太陽電池 年間生産能力を500MWに拡大

シャープ製太陽電池を搭載した
東海大学チームのソーラーカーが
南アフリカ共和国のレースで大会連覇を達成
2011
高効率化技術採用モジュール「BLACKSOLAR」を発売

世界最高変換効率※236.9%※3を達成した、化合物3接合型太陽電池を開発
2012
タイにメガソーラー発電所を建設

JISQ8901を取得※4

欧州最大の研究機関でPID耐性を実証※5
2013
画像:化合物3接合型太陽電池セル シャープ桧垣本(ひがいもと)太陽光発電所の
商業運転を開始

シャープ矢板太陽光発電所の商業運転を開始

シャープ多奈川太陽光発電所の商業運転を開始

化合物3接合型太陽電池セルで
世界最高変換効率※637.9%※7を達成

集光型太陽電池セルで変換効率44.4%を達成

シャープ三原太陽光発電所の商業運転開始
2014
画像:陸域観測技術衛星2号「だいち2号」 陸域観測技術衛星2号「だいち2号」に搭載

利根町シャープ太陽光発電所(茨城県)の
商業運転開始

シャープ大山の森太陽光発電所(鳥取県)の
商業運転開始

シャープ伊勢崎太陽光発電所(群馬県)の
商業運転開始

シャープ信州富士見高原太陽光発電所(長野県)の商業運転開始

シャープ塩谷太陽光発電所(栃木県)の商業運転開始
2015
画像:NQ-220AE GOOD DESIGN AWARD 2015 モジュール変換効率19.1%を達成した住宅用
単結晶太陽電池モジュール
「BLACKSOLAR(ブラックソーラー)」
<NQ-220AE>を含む4機種を発売

高効率バックコンタクト型太陽電池の
実用化に向けたテーマがNEDOに採択


宇宙ステーション補給機5号「こうのとり」HTV5に搭載※8

住宅用 高効率太陽光発電システム
(BLACKSOLAR+ルーフィット設計・屋根全面システム)が、
「2015年度 グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞

シャープ製クラウド蓄電池と組み合わせて電気を効率よく使える
「DCハイブリッドエアコン」を発売
2016
画像:蓄電池連携DCハイブリッドエアコン 「平成27年度省エネ大賞」
(主催:一般財団法人 省エネルギーセンター、
後援:経済産業省)の
製品・ビジネスモデル部門において、
「蓄電池連携DCハイブリッドエアコン
<JH-D716J2/JH-D566J2/JH-D406J2>」が
審査委員会特別賞を受賞

X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)に搭載※8

化合物3接合型太陽電池モジュールで、世界最高※9の変換効率31.17%を達成

スマートフォンなどを充電できるソーラー充電スタンド<LN-CA2A>を発売
  • ※1
    2008年6月4日現在。国内住宅用多結晶モジュールの量産品において。
  • ※2
    2011年11月4日現在、研究レベルにおける非集光太陽電池セルにおいて。当社調べ。
  • ※3
    2011年9月、産業技術総合研究所(世界の太陽電池の公的測定機関の一つ)により確認された数値(セル面積:約1cm²)。
  • ※4
    ND-240FA/240HA/240CAにて取得。
  • ※5
    2012年6月、フラウンホーファー研究機構より、シャープ製太陽電池モジュールND-R250A5に対し、PID現象による出力低下が発生しないことが報告されました。PID:Potential Induced Degradationの略。PID現象とは、高温高湿及び高いシステム電圧の影響で太陽電池モジュールの電気出力低下が起こる現象。
  • ※6
    2013年4月24日現在、研究レベルにおける非集光太陽電池セルにおいて。当社調べ。
  • ※7
    2013年2月、産業技術総合研究所(世界の太陽電池の公的測定機関の一つ)により確認された数値(セル面積:約1cm²)。
  • ※8
    化合物太陽電池です。
  • ※9
    2016年5月19日現在、研究レベルにおける太陽電池モジュールにおいて(集光型を除く)。当社調べ。

このページのTOPへ

このページのTOPへ