• 印刷
  • 共有

ご購入前ご相談窓口

フリーダイヤル 0120-789-456 月曜日~金曜日(9:00~17:00)土曜日・日曜日・祝日など弊社休日を除く

WEBからのお問い合わせ

  • Webでお問い合わせ
  • 資料請求

傾斜畑跡地の法面に722kWの太陽光発電所を建設
株式会社ニッカンさま

  • 株式会社ニッカンさま

株式会社ニッカンさま

愛着のある土地の有効活用策として、太陽光発電所の建設を検討。

小高い山の中腹に建設された、「株式会社ニッカン 太陽光発電システム」。社長ご夫妻が余暇を利用して耕された、傾斜畑の跡地に建つ太陽光発電所です。「愛着のある土地を有効活用しながら、何か役に立つことをしたい」。そんな思いからプロジェクトが始動したものの、建設予定地は、勾配も向きもさまざまな法面。一般的に太陽光パネルは屋根の上や平地などへの設置がほとんどで、パネル取り付け架台も平らな場所を想定したものばかり。そのため実際の設計・施工には、大きな困難が伴いました。

傾斜畑の跡地に建つ太陽光発電所

傾斜畑だった頃の面影を残す法面に沿って、
大小さまざまな太陽電池アレイを設置。

費用対効果を追求し、大規模な造成工事が不要な法面への設置を採用。

敷地面積から試算して、当初はメガソーラーを希望されていたお客様。しかしながら、メガソーラーを実現するには、大規模な造成工事で法面を整地し、大掛かりな架台を組んで、一面にパネルを敷き詰める必要があり、莫大なコストがかかります。費用対効果を最優先に打ち合わせを重ねた結果、法面をそのまま活かして、大小さまざまな太陽電池アレイをいくつも設置する方法を選択。「少しでも容量を増やしたい」というお客様の要望に応えるため、わずかなスペースにもパネルを敷き詰めることで、722kWものシステムを実現しました。

わずかなスペースにもパネルを設置

最大限の容量を追求するため、元々は予定外だった貯水池脇の
わずかなスペースにもパネルを設置。

お客様とシャープの分業体制により、コスト削減と工期短縮を実現。

2012年12月、建設工事がスタート。固定価格買取制度施行にともなうメガソーラー建設ラッシュの影響から、コスト削減と工期短縮を考え、土木工事や基礎工事などは、知り合いの工事業者に依頼され、お客様ご自身で施工されました。シャープは架台とパネルの取り付け工事などを担うというチームプレーで、税制優遇措置を受けるための期限である、2013年3月末になんとか竣工。南向き30度という理想的な条件を満たせない山間の法面でも、工夫次第で太陽光発電所の建設が可能であることを示す、画期的なケースとなりました。

架台を取り付け、パネルを固定

H形鋼で組んだ土台の上に、架台を取り付け、パネルを固定。
急斜面への設置にも耐えうる強度を確保。

和歌山県内での農地有効活用事例として、近隣の方も注目。

株式会社ニッカン 太陽光発電システムは、和歌山県内で農地を有効活用されたケースとして、近隣の方からも大きな注目を集めています。「休耕地に太陽光発電を設置して有効活用するケースが、和歌山県内だけでなく全国に拡がってほしい」。そんな希望をかなえるような発電所になることを大いに期待されています。

導入事例の詳細はこちら

山道脇に建てた発電状況の表示パネル

山道脇に建てた発電状況の表示パネル。
車を降りて見学する方が相次いでいるとのこと。

このページのTOPへ

ご購入前ご相談窓口

フリーダイヤル 0120-789-456 月曜日~金曜日(9:00~17:00)土曜日・日曜日・祝日など弊社休日を除く

WEBからのお問い合わせ

  • Webでお問い合わせ
  • 資料請求

法人向けサイトトップ